中国メーカー魅族(Meizu)の”なぜ?”:ネットでは評判、現実ではそこまで売れてない

meizu-sell

 「ネットとリアルで世論が違う」ということは往々にしてありますが、「スマホの評判」も同じようです。華為やOVの陰に隠れていますが、「魅族(Meizu)」も密かな人気ブランド。

 ところが、「魅族はネットでは評判がいいわりに、使っている人が少ない」という、元も子もない状態。最新フラッグシップモデル魅族16の予約受付を開始した魅族ですが、はたしてどうなるのでしょうか。その原因はどこにあるのか、凤凰网科技に掲載された机智玩机机の論評記事をご紹介します。

 魅族は中国産スマホのなかでも特殊な部類に入り、独特の個性をもったブランドだ。デザインで魅族は光るものがあり、長年ハードウェアがシステムに追いついていなかったが、システムが批判されることはなかった。

 しかしわからないのは、ネットでは魅族のスマホを褒める人は多いのに、なぜ実際に買った人は少ないのか?魅族ファンは口ばかりで買わないのか?おそらくこれは、魅族の方でも頭を痛めている問題だろう。ネットでの評判がいくらよくても、売れなければ仕方がない。

 ここまで読んだ感想としては、「魅族」は淘汰される5秒前、という感じですね。「ファンから惜しまれつつも消えていくブランド」、珍しい話ではないかもしれません。

 以下、原因の分析です。3つの原因があるとしています。

 1つ目の原因は「好きだけれども満足度が低い」というもの。

 魅族の魅力は、凝ったデザインにある。これまでのMback、一つのボタンでアンドロイドのボタン全てを操作できる機能、側面指紋認証、小さな円いホームボタンなど、大評判だった。しかしこれらの機能は一部分の需要を満たすばかりで、全体的に満足いく体験を提供することができなかった。ハードウェア部分での欠点が不満を招き、「残念」「もう買わない」という感想を抱かせた。

 デザインも尖った機能もあるけど、性能は低い……攻めの姿勢は確かに評価したいですが、あまり買いたくないですね。まさに「残念」。

 2つ目の原因は「コスパが悪い」というもの。

 魅族と他メーカーの同価格帯製品を比較すると、性能に対する価格が高すぎる。魅族は小米と比較したがり、ブランドポジションも小米と一致するが、コスパのいい小米と比べれば自然と分が悪くなる。コスパが不十分である限り、いくら魅族のスマホが好きでも、もう少しお金を出して他メーカーのスマホを買うだろう。これが魅族が小米8をライバルとしてターゲットにしている理由であり、魅族16がコスパで小米8を圧倒しようとしている原因である。

 人気ブランドよりも低価格でアピールポイントを打ち出さなければならない、中小ブランドの苦労がしのばれます。

 3つ目は「ほめ殺し」とのこと。

 魅族を褒めまくり、欠点まで無理やり美化する「ほめ殺し」。魅族を買おうと思っていた人も、「魅族信者」がウザくて魅族を買わなくなる。この手の「魅族信者」は魅族を褒めまくるが、もともと魅族のスマホを買う気がない。

 「ネットユーザーから遊ばれているのかな?」という印象ですね。ブランドの淘汰が進む中国市場ですが、魅族もいよいよ後がなくなってきたようです。

編集部雑感
相対的にシェアでいえば中国国内ではかなり低くなってきたMeizuだが、それでも巨大市場だけあって台数は出ているので、海外市場も視野に入れて動くべきではないだろうか。