ドイツでiPhone 7/8販売禁止。公式サイトから消滅するも、販売を継続する業者も すまほん!!

iphone-7

 ドイツにて、Appleに対してQualcommによって提起された訴訟により、Qualcommが勝訴。予備的差止命令によりドイツ国内にてiPhone 7 / 7 Plus / 8 / 8Plusの輸入と販売が禁止されました。

 裁判所は、AppleがQualcommの「低電圧で電力効率の良い無線通信測定」についての特許を侵害したと判決。Appleはもちろん控訴していますが控訴の判決でAppleが勝利するまでは裁判所判決に従う必要があります。

Sponsored Links

 つまり現時点ではすでにAppleはiPhone 7/8シリーズ4機種を販売することができず、AppleはWebサイト上からこれらを消滅させており、購入はおろか製品紹介を見ることさえできなくなっています。

iphone-germany-apple-site

 中国でも同様の訴訟が行われ、iPhoneの販売禁止が命じられています。小売業者は禁令の対象外で、販売が継続されており、また、Appleは特許侵害に対処したiOSアップデートを行ったなどと主張し、中国で販売を継続しているとも伝えられています。しかしドイツでは完全に販売を停止している模様です。

関連:中国で「販売禁止令」受けたiPhone、なぜ未だに売られている?北京の地裁が解説

 ただ、ドイツでは判決後も小売業者が販売を継続。再販業者Gravisは禁止されたモデルも含め消費者に提供し続けると述べています。

 米中貿易戦争に加えて、それに乗じた米Qualcommの訴訟攻勢、Appleにとっては窮地と言えます。今後も続報を注視していきたいところです。