QRコード決済、国内トップは楽天ペイ・PayPay・LINE Pay―MMD調査 すまほん!!

 ユーザー動向の把握を得意とする調査機関MMD研究所は、「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」を発表しました。調査機関は2019年1月8日〜1月10日。調査サンプルはスマホを所有している20歳〜69歳の男女887人。

Sponsored Links

 それによると現在利用しているQRコード決済サービスでは、トップは楽天ペイ(9.4%)、PayPay(8.1%)、LINE Pay(7.9%)。

 QRコード決済を利用する理由としては「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)、「会計がスピーディーに終わるから」(31.9%)、「キャンペーンを知って興味を持ったから」(26.6%)といった項目が上位となりました。

 QRコード決済を使いたい理由として「お財布を持ち歩きたくないから」と答えた男性は18.9%、女性は4.9%。最も男女で意識差の出た項目となりました。

 QRコード決済を利用しない理由としては、クレジットカードや現金で十分だからと答えた人が多く、既存の決済方式にあまり不満を感じていない人たちがまだQRコード決済を利用していないという傾向が伺えます。

 未利用者のQRコード決済への意識としては、「店員にコードを読み取ってもらうタイプ」も「自分で店舗側のコードを読み取るタイプ」もあまり大きな数値の違いは見られず、未利用者の利用喚起にあたってはそこは重要ではないようです。

 話題にこそなるものの、まだまだ普及し始めたばかりのQRコード決済。既存の決済に比べてQRコード決済は店側の導入コストも安いので、これまでリーチできなかった部分に広がってくれそうな予感です。PayPaYも100億円還元キャンペーン第2弾を開始しており、普及に向けて弾みになってくれるといいですね。