世界初4K有機EL搭載Xperia 1正式発表!α(アルファ)・BRAVIA・プロ機器から技術を取り入れた、これぞソニーが誇るフラッグシップスマホ すまほん!!

 Sony Mobileは、スペイン・バルセロナのMWC2019において、新型フラッグシップスマートフォン「Xperia 1(エクスペリア・ワン)」を正式発表しました。

 代表取締役岸田光哉社長が登壇し、「我々は想像を超えたエクスペリエンスを提供していく」という新たなビジョンを紹介。BRAVIAやレンズ交換式デジタル一眼カメラα、プロフェッショナル機器の領域からも技術を取り入れたとしています。(ソニーの業務用製品は放送局や映画製作などプロの制作現場でも広く支持されていますからね)

 そんなXperia 1の仕様・スペックをまとめてみました。

世界初4K有機EL搭載!21:9ディスプレイ

 シネスコ 21:9の縦長ディスプレイに対応。解像度は3840×1644であるため、縦方向に4Kというわけですね。10bitカラー相当の高い階調表現を実現したCinemaWide(シネマワイド)ディスプレイ。立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応します。

 

 HDR対応に加え、BRAVIAで培った「X1 for mobile」により、SDR映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく再生するHDRリマスターも新たに搭載。色設定クリエイターモードを搭載。映像制作の基準機として使われているマスターモニター技術により、深い黒と自然な色調を表現。UHD(Ultra HD)の放送規格 ITU-R BT.2020の色域/10bit信号対応の画像処理と4Kディスプレイにより、映像制作者の意図を忠実に再現するとしています。

Sponsored Links

フラットな筐体に

 11.1mmという異常な厚みだったXperia XZ2で大きな不評を買ったXperiaですが、厚みは8.2mmとなり、かなり標準的な薄さになっています。

 幅72mmにもかかわらず、縦方向に表示量の大きい6.5インチを実現します。

(画像出典:The Verge

 電池容量は3330mAhとなっています。重量は180gで、Note 9やXS Maxよりは軽いですね。充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせるいたわり充電に対応したとしていますが、個人的にはいたわり充電というと、VAIOやThinkPadなどでも愛用している素晴らしい機能を思い出させます。これは電池容量のうち80%程度までで充電をやめることで、電池の劣化をかなり抑えてくれるありがたい機能ですが、もしXperia 1のいたわり充電もこれならかなり嬉しいですね。[2019年2月26日1時39分追記]Qnovo Adaptive Chargingを国内版ではいたわり充電と呼んでいるようです。充電時、やはり80%で充電を停止、朝起きる時に100%になるよう充電してくれるようです。

カメラ

(画像出典:PhoneArena

Sponsored Links

 カメラはトリプルレンズ。構成は、26mm OISあり(F1.6)/ 52mm望遠 OISあり(F2.4)/16mm超広角(F2.4)。いずれも1200万画素。

 デュアルフォトダイオード搭載のイメージセンサーにより暗所でも高精度な合焦が可能。αで培った技術を投入したとする新開発の画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」によって画像圧縮前にノイズ低減処理を実施、暗所撮影の画像が向上したとしています。RAWノイズリダクションにも対応。

 瞳を検出してAFする「瞳AF」にスマホとして世界初対応。AF追従に加え、AE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の高速連写。動く被写体でもフォーカスや明るさを合わせた連写ができるとしています。

 21:9アスペクト比、4K HDR 24fpsで映画のような映像を撮影できる「Cinema Pro」は、CineAltaカメラ「VENICE」などを手掛けるソニー業務用機器担当部門が、ユーザーインターフェイスや画作りを監修したとしています。

ソフトウェア

 ソニー独自のUIを実装、使いやすい二画面同時表示が可能。21:9の縦長を活かしてテキストメッセージや電子メール、SNSなどの閲覧表示が効率化。さらにマルチタスクが得意に。片方のアプリを従来のスマホでのフルスクリーン表示にしておいて、もう片方も表示できる、まさに縦長を活かせます。

 ゲームをプレイしながら攻略法などを閲覧、パフォーマンスや通知の最適化を可能な新機能「ゲームエンハンサー」に対応するとしています。

 FortniteやAsphalt Racingなどのゲームは提携し21:9対応するとしていますが、最適化されていないゲームは縦長画面を十分に活用することはできないでしょう。

カラーバリエーション

Sponsored Links

 ガラス本来の光沢感と艶やかさを強調するブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色。

スペック

 Snapdragon 855、実行6GBメモリ、128GBストレージなど高性能な構成です。

OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon 855 Mobile Platform
メモリ 6GB
ストレージ 128GB, microSDXC
ディスプレイ 21:9 CinemaWide Display
6.5型 4K HDR OLED (3840×1644)
“Creator mode” powered by CineAlta
X1 for mobile
DCI-P3 100%
BT.2020 (REC.2020)
Corning Gorilla Glass 6
カメラ1 12MP 26mm 78度 F1.6
Exmor RS for mobile memory-stacked sensor
センサーサイズ 1/2.6”
ピクセルサイズ1.4μm
OIS
カメラ2 12MP 16mm 135度広角 F2.4
センサーサイズ1/3.4
ピクセルサイズ 1.0μm
カメラ3 12MP 52mm 45度 F2.4
センサーサイズ1/3.4 
ピクセルサイズ 1.0μm
OIS
インカメラ  8MP
 バッテリー 3330mAh
寸法  167 x 72 x 8.2 mm, 180g
その他  Wi-Fi  2.4/5GHz, Bluetooth
USB Type C, USB-PD,
Xperia Adaptive Charging,
STAMINA mode
側面指紋認証
4×4 MIMO
LDAC
IP65/IP68

発売日・価格

 本年初夏以降、日本を含む国・地域にて発売します。欧州価格は949ユーロ。

関連:究極の映画スマホ誕生!ソニーの技術満載「Xperia1」国内発表レポ