背面電子ペーパースマホのYotaが破産。 すまほん!!

 残念ながらYota4を見ることはできなさそうです。ロシアのスマートフォンメーカー「Yota」が破産しました。

 Yotaは、YotaPhoneで知られるメーカーです。前後2画面ディスプレイを搭載したAndroid OSのスマートフォンで、背面ディスプレイに電子ペーパーを採用することで、テキストや電子書籍の表示に長けた個性派。2013年に初号機が登場し、革新的で鮮烈な印象を与えました。

Sponsored Links

 Yotaが登録されたケイマン諸島官報のリリースに破産宣告が確認できます。清算人はシンガポールのFTI Consulting。

 YotaはYotaphone 2を米国投入する計画を実行できず、Yota 3は中国市場のみで販売されていました。

 Yotaは米国市場に参入できなかったことにより、Yotaにディスプレイを供給していたシンガポールのメーカーであるHi-P Electronicsに発注義務を履行できなくなり、Hi-PはYotaへの訴訟を提起。1億2600万ドルを請求。Yotaは1700万ドルを支払いました。こうした一連の流れが破産へとつながったようです。

Sponsored Links

 電子ペーパーは屋外での視認性が極めて良く、自発光しないことで目が疲れず長時間読書できるというメリットがあります。Yota破産は実に残念ではあるものの、近年はAmazonが低価格で電子ペーパー端末Kindleを発売していることもあり、かなりニッチな製品であることは否めず、仕方のない面もあります。