英、ファーウェイの5G参加を限定容認か すまほん!!

 Financial Timesは、Theresa May首相がイギリスの次世代通信5Gのネットワーク構築におけるHuaweiの参加を限定的に認めると報じました。

 5Gインフラの端末ID確認・音声通話やデータのルーティングなどが行われる核心部分からはHuawei社製品を禁止する一方、それ以外の部分については容認するとのこと。

 米英豪加ニュージーランドの5ヶ国からなる情報同盟国Five Eyesは、これまでHuawei制限で足並みを揃えてきましたが、ここに来てその一員である英国が、限定的とはいえHuaweiを受け入れるのは驚きです。

 ポンペオ米国務長官(外務大臣に相当)は、2019年2月、5GにHuawei製設備を入れると情報共有ができなくなると警告していました。

 2月開催のサイバーセキュリティ会議で、英諜報機関GCHQ傘下NCSCのCiaran Martin氏は、Huawei社のもたらすリスクを軽減できると確信している、と述べていました。イギリスは厳重な管理の下、リスクを軽減しながらHuawei製品と付き合っていくことになるのでしょう。米国側の反応も気になるところです。

こんな記事も読まれています

楽天モバイル、「Rakuten Link」不具合で総務省から行政指導。

LINE独自の仮想通貨「LINK」、日本国内で新規取り扱いへ

朗報:楽天モバイルでiPhoneも通話無料に!「Rakuten Link」アプリがiOS対応

ソニー、超小型見守りLTE GPS端末発表。

Oculus LinkでPC用「Steam VR」を遊ぶ。導入方法を解説

楽天モバイルユーザー必見!「うっかりVoLTEで通話料発生」を防ぐ「Rakuten Linkサポーター」