対ファーウェイ、IntelやBroadcomなど多数のメーカーが出荷停止 すまほん!!

 Googleが、米商務省の命令に従い、Huaweiに対するGoogleサービス提供を停止したのに続き、他のメーカーも同様の措置を取り始めました。

 Bloombergが報じたところによると、Intel、Qualcomm、Xilinx、Broadcomといったチップメーカーは、別途通知があるまでHuawei社への部品提供を停止するよう、従業員に伝達したとのこと。

Sponsored Links

 Intelはサーバーチップ、Xilinxはネットワークのプログラマブルチップ、Broadcomはスイッチングチップを供給するメーカーです。

 Bloombergに語った情報筋曰く、2018年頃から、Huaweiは不測の事態に備え、少なくとも3ヶ月間ビジネスを継続するのに十分なチップや部品を備蓄しており、Huaweiの幹部らは米中貿易交渉の中心となっており取引が成立すれば米国サプライヤーからの購入を再開できると確信しているとのこと。

 このほか、米国以外の企業にも警戒感が広がっており、ドイツのチップメーカーであるInfineon Technologies AGはHuaweiへの出荷を中止したとNikkei Asian Reviewは伝えています。同メディア曰くQorvo、Micron、Western DigitalもHuaweiへの製品出荷を停止したといいます。