ついにキタッ!最高クラスのノイキャン性能、最大6時間連続再生可能、完全独立型イヤホン「WF-1000XM3」登場! すまほん!!

 ソニーは、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能とDSEE HXでハイレゾ相当の高音質を実現した完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-1000XM3」の発売をアナウンスしました。カラーはプラチナシルバーとブラックの2色展開。発売日は7月13日。

 人間工学に基づく装着性に優れたデザインで、高い密閉性によりノイズキャンセリング性も向上。ドライバーユニットは6mmドーム型(CCAWボイスコイル採用)。LまたはRの片側だけでの使用も可。対応BluetoothプロファイルはA2DP, AVRCP, HFP, HSP、対応コーデックはSBC, AAC。

 ヘッドホン内側と外側の2つのセンサーで効率的にノイズを集音するデュアルノイズセンサーも搭載しており精密な集音が可能。さらにオーバーヘッド型ヘッドホンWH-1000XM3にも搭載されている高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1と共通技術を使った「QN1e」により、省電力ながら高い信号処理能力で逆位相の音を高精度に生成し、緻密かつ効果的にノイズを低減。

 さらにソニーの完全ワイヤレス型として初搭載のDSEE HXにより、CD音源やMP3などの圧縮音源だけでなく、端末内の動画や動画配信サービスなども含む様々な音をハイレゾ相当にアップスケーリングします。

 WF-1000初代は「接続安定性はイマイチ、遅延が大きすぎる、電池も全然持たない……」といった問題もあったものの、新Bluetoothチップ採用とアンテナ構造の最適化で接続安定性を大幅向上、動画視聴時の音声遅延を改善。電池駆動時間は理論値最大6時間へとアップ。充電ケース3回充電でトータル24時間連続使用とのこと。10分の充電で90分再生できる急速充電にも対応します。

 段階でもかなり反響が大きかった製品ですが、まさに、こんなの待ってました!ってカンジの製品に仕上がっているようですね。「今買うならUSB Type-Cじゃなきゃなぁ……」といったところですが、もちろんUSB Type-Cなので、充電ケーブル類を余分に持ち運ぶ必要も無さそうですよ。

 市場推定価格は2万6000円前後。性能にしてはかなりお求めやすい価格となっています。Amazonソニーストアで購入可能です。改善すべき不満点が全部直っているとすればめっちゃ使いたいので私もソッコー予約しました。届くのが楽しみです。