新型2020年iPhoneは「5.4インチ」「6.1インチ」「6.7インチ」の3種類、供給はサムスンとLGの2社のみか すまほん!!

 韓国経済メディアETNewsは、2020年のiPhoneの有機ELパネルをSamsung DisplayとLG Displayが供給すると報じました。

 2020年秋発売の新型iPhoneは「5.4インチ」「6.1インチ」「6.7インチ」の3種となり、5G対応製品も含むとiPhoneのモデル数は4種になるというのが韓国業界筋の見方とのこと。

(iPhone 12 コンセプト画像 出典:PhoneArena

 3種類のOLEDのうち、5.4インチモデルと6.7インチモデルの2種類で、Samsung Displayが単独供給。これは薄膜封止にタッチセンサーを実装する、タッチ一体型フレキシブルOLEDとなるとのこと。

 Samsung Displayは既にY-OCTAの名称で商用化し、Samsung製スマートフォンに供給。これまでiPhoneが採用してきた従来型のフィルムタッチ方式と比べ、コスト改善が可能としています。

 6.1インチモデルのみ、LGとSamsungの混成となるようです。こちらは従来型のフィルムタッチ方式。

Sponsored Links

 中国メーカーBOEが6.1インチに供給するとの見方もありましたが、これは困難で、あくまで韓国メーカー2社によるものになるそうです。

 6.1インチのiPhone XR / 11のラインは、液晶ディスプレイ採用でしたが、今後は有機ELになりそうですね。

 2020年の新型iPhoneの噂としては、ToFカメラの追加によるAR機能の強化、ノッチ小型化または消滅、iPhone 4へのデザイン回帰などがあります。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はオンラインショップで。(解説