価格2万円の「腕につけられるスマホ」、4G対応「Mi Watch」発表 すまほん!!

 11月5日、Xiaomiは一億画素のカメラ持つスマートフォン「Mi CC9 Pro」の他にスマートウォッチ「Mi Watch」を発表しました。

 「Mi Watch」は通常のスマートウォッチとは比べ実用的な機能を搭載しているため、Xiaomiは「Mi Watch」を「腕につけられる小型なスマホ」と位置づけます。

 「Mi Watch」のスクエア状のディスプレイは1.78インチ。時計の右側には操作用の竜頭(クラウン)があり、時計左側にはスピーカーとマイクがあります。

 また、「Mi Watch」はNFCやeSIMにも対応します。

 OSにグーグルのWear OSをベースとしたXiaomi独自のスマートウォッチ用MIUIを搭載し、サードパーティーが開発したアプリも利用可能。勿論スマートウォッチとして一般的な機能である、フィットネスの記録も可能。

 「Mi Watch」は4G対応チップセット「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、1GBのメモリに8GBの内部ストレージを備えます。スマートウォッチとして最大級570mAhのバッテリーを搭載しているため、4G回線に接続しながら36時間続けて使用することができるといいます。

Sponsored Links

 現時点で「Mi Watch」は中国国内での発売しかアナウンスされておらず、世界的に展開されるかは不明です。中国国内では11月11日に発売される予定で、価格はCNY1299、日本円では約2万円から。

 「Mi Band」などと比べると価格は高いですが、十分差別化できており今後の売れ行きが気になりますね。