すぐに格安SIMにも5Gを!MNOと同時期にMVNOで5G、総務省が正式要請 すまほん!!

 総務省は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのMNO3社(二種指定事業者)に対し、MVNOに次世代通信5Gのサービスの提供にかかわる機能開放を要請しました。

 公正競争確保の観点から、MVNOにおいてもMNOと同時期に5Gサービスの提供を開始できるようにすることが重要としました。

 MNOは5Gサービス提供に必要な情報を、MVNOへ十分に提供していません。極力早期にMVNOへの情報提供が行われるよう、総務省が本日、以下の通り正式に要請を行いました。

1 自らが利用者向けに5Gサービスの提供を開始するのと同時期に、MVNOに対して5Gサービスの提供に係る機能開放を行うこと

2 MVNOによる利用者向け5Gサービスの提供が円滑に行われるよう、5Gサービスの提供に必要な情報(例:具体的な機能開放時期、提供エリア、通信速度、接続料、接続箇所、接続箇所における技術的条件等)をMVNOに対して速やかに提供すること

3 2に関連し、個別協議、設備改修、ネットワーク試験等、機能開放に先立ちMVNOにおいて何らかの対応を要する事項がある場合は、当該対応をMVNOが十分な余裕をもって実施できるようなスケジュールで情報提供すること

 携帯大手3社は2020年春以降、商用5Gサービスを開始する予定です。

こんな記事も読まれています

日本電波行政最大の「怠慢」。SoftBankのiPhone用SIMをAndroidで無理やり使う、驚きの「特殊事情」

武田総務大臣「MVNOに重大な影響」。接続料引き下げを携帯大手3社に要請

総務省、菅政権退陣後も「携帯料金」改革を「継続」。