台湾HTC、中国大陸のスマホ2メーカーをパクリで訴え勝利―自由時報報じる すまほん!!

 最近あまり名前を聞かなくなったHTCですが、北京の裁判所ウェイボー公式アカウントの情報として、「HTC特許戦勝利!M7シリーズのパクリ、中国のスマホメーカーに賠償1億円の判決」という題で、台湾「自由時報」が伝えました。

 報道によると、HTC M7シリーズをパクったとされたのは、「魅藍Note5」と「金立M6」。こちらもあまり聞かなくなったといいますか、金立に至っては破産していた気がしますが、それはいいでしょう。

(HTC One M7)

 ともに2016年に発売され、メタル外観のアンテナ構造がHTCの特許を侵害したと認定されたとのこと。この設計はHTC One M7以降、2017 年にガラスボディのU11がリリースされるまで、HTCフラッグシップモデルの特徴だったといいます。

 北京知識産権法院は、本件が工業信息部を経て訴えられた後、HTCの特許内容と比較したところ、魅藍Note5、金立M6の2機種は「特許権にかかわるすべての技術特徴を具えている」としたそうです。

Sponsored Links

(Gionee M6)

(Meizu M5 Note)

 判決の賠償金はHTCによる要求額の1割程度にしか満たないものの、魅族はHTCに300万元、金立は同じく260万元の経済損失を賠償した上で、裁判費用等90万元の支払いが命じられたとのことです。

 正直なところ、「魅族シェアがほぼなくなって大変なのに可愛そう」「金立、創業者のカジノでの負け(十数億元)と比べたら端金だし、どうでもよさそう。支払い能力が心配」と思いました。