OPPO Find X2/Pro発表。独自映像補間エンジン・ソニー独占供給カメラセンサー・高解像度120Hz有機EL すまほん!!

 OPPOは、新型スマートフォン「OPPO Find X2 / X2 Pro」を正式発表しました。

 ディスプレイは120Hz駆動の3K(QHD+)有機EL。最大輝度1200nit。工場出荷前に個別にカラー調整しているといいます。映像処理チップ「O1 Ultra Vision Engine」を搭載、動画のフレームレートを30fpsから60fps以上に補間して引き上げるとのこと。

Sponsored Link

 カメラは広角+超広角+望遠の三眼構成。Find X2 Proは、1/1.4インチ(1.12μm)のソニー製センサー IMX689を独占的供給。これはXiaomiやSamsungの採用する1/1.33インチ(ISOCELL Bright HMX)センサーに次ぐ大きさです。望遠カメラはFind X2 Proは潜望鏡タイプで、ハイブリッド10倍ズーム。動画撮影はLive HDR、10bitにも対応。Find X2 ProはDxOMark第1位を獲得。

 65Wの有線急速充電 SuperVOOC 2.0 Flash Chargeに対応し、0%から38分で満充電可能。3つのマイクによる立体音響とノイズリダクションに対応。指紋認証は画面内。デュアルスピーカーを搭載します。

左からFind X2 Pro Black (Ceramic), Find X2 Pro Orange (Vegan Leather)、Find X2 Black (Ceramic), Find X2 Ocean (Glass)

 スペックは以下の通り。

Sponsored Link
  Find X2 Pro Find X2
OS ColorOS 7.1 Based on Android 10
CPU Snapdragon 865 オクタコア
2.8GHz + 1.8GHz
メモリ 12 GB LPDDR5 8 GB LPDDR5
容量 512 GB UFS 3.0 128 / 256 GB UFS 3.0
画面 6.7型 QHD+ (3168×1440) 513ppi OLED
最大120Hz駆動
カメラ 4800万画素 広角 F1.7 IMX689
4800万画素 超広角 F2.2 IMX586
1300万画素 望遠 混合10倍
4800万画素 広角 F1.7 IMX586
1200万画素 超広角 F2.2 IMX709
1300万画素 望遠 F2.4 混合5倍
インカメラ 3200万画素 F2.4
電池 4260 mAh 4200 mAh
寸法 74.4×165.2×8.8mm, 207g 74.5×164.9×8mm
カラー
/重量
セラミック: 207g
ヴィーガンレザー:200g
ブラックセラミック:196g
オーシャンガラス:187g
5G SA/NSA
n1/n3/n5/n7/n28A/n41/n77/n78
その他 Wi-Fi 6, 11ax, IP68防水防塵

 価格はX2の12GB/256GBモデルが999ユーロ。X2 Proが1199ユーロ。

 OPPO Find Xといえば昇降式スライドカメラを搭載してまでノッチのない画面を搭載していたのに、パンチホールというのは意外。

 とはいえ豪華絢爛な仕様。個人的には特にフレーム補間を実現する映像処理エンジン「O1 Ultra Vision Engine」の効果が気になります。

 SoCに多くの機能とチップがセットで内包される昨今、Pixelのカメラ処理チップVisual CoreやLGのHi-Fi Quad DACといったゴージャスな専用チップを載せる試みは貴重だからです。O1は、RadeonのAMD Fluid Motion Videoのような動画再生支援を行うものと考えられます。実際にこの機体で動画を視聴してみたいものですね。(下手に24fpsの映画に適用すると味も損なわれ映像も破綻しやすそうですが)

Sponsored Link

 また、レザー素材を採用したオレンジもいいですね。LGやHuaweiの一部機種を思い出します。個人的には買うならコレですね。

(画像出典:The Verge

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP