紛失や子供の見守りに。ソフトバンク、他社ユーザーも利用可能なZTE製IoT端末「どこかなGPS」発表 すまほん!!

 ソフトバンクは、子どもの見守りや大切な物の位置情報を確認できるZTE製の小型IoTデバイス「どこかなGPS」を2020年3月12日に発売すると発表しました。

 本体と2年間の通信料金をセットにして販売。希望小売価格は1万2000円。販路は一部ソフトバンクショップ、全国の家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ、+Style、Yahoo!ショッピング、Amazonなど。

 「どこかなGPS」は、4.7センチメートル四方の薄型軽量筐体で、防水(IPX7)防塵(IP6X)対応。重量は34g。電池容量は397mAh。GPS/みちびき/GLONASS対応し、さらにWi-Fiや携帯電話基地局を組み合わせることで衛星範囲外の屋内・地下でも測位可能であるといいます。通信方式はLTE Cat. M1(900MHz/2.1GHz)。

 スマートフォンにインストールした専用アプリから、離れた場所の「どこかなGPS」の位置情報を確認可能。ソフトバンク以外のユーザーでも利用できます。各機能は追加料金無く利用可能。鞄などをうっかり忘れて席を立ってしまった経験のある人によさそうです。

Sponsored Link

 「どこかなGPS」の中央のボタンを押すと専用アプリに位置情報を通知可能。専用アプリ側から位置情報を表示させたり、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことをメールで通知したり、3分間隔で自動的に測位したり、3日分の移動履歴を残したりなど、子供の見守りに向いています。一人で通学する子どものランドセルに入れるといった目的が想定されます。

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ