バッテリー・キックスタンド内蔵の15.6型モバイルモニターが登場:PR すまほん!!

 株式会社テックワンは、バッテリー内蔵型のキックスタンド付きモバイルディスプレイ「PD01」を発表しました。中国深センの工場と連携して開発したとのこと。

 一般的な従来製品は常時給電が必要といったデメリットがあったのに対し、本製品は電池容量は10000mAhを内蔵しているので長時間稼働が可能といいます。重量は1.2kg。

 15.6型FHD液晶を採用。筐体はCNC金属ボディ。5°から150°無段階調整可能なキックスタンド内蔵により、取り出してすぐに利用可能。USB Type-CまたはminiHDMIでの映像入力に対応。ケーブル一本でNintendo Switchなどの機器から映像出力可能。ステレオスピーカーも備えています。

 テックワンはOne-Netbook社のUMPCの日本正規代理店でもあります。同社製UMPCであるOneMixは、小型筐体でありながら、一般的な薄型ノートPCに迫る高スペックな構成を選択できるものの、画面サイズの小ささがネック。そこで大きな15.6インチのサブモニターを使って弱点を補えるのは魅力的。

 しかもUMPC単体ではガッツリ使うと電池は相応に減るため、ここで常時給電必須のモニターを繋ぐのは気が引けるところ。このためバッテリー内蔵型のモバイルモニターは、UMPCと組み合わせて使うには適していると言えます。

 UMPCの利用シーン拡大や在宅ワークでの強化に使えそうです。Makuake先行販売開始は5月から、お届予定は6月下旬~7月上旬となっています。

こんな記事も読まれています

VAIO、インドに進出。計23の国と地域に展開

折り畳み有機EL搭載PC「ThinkPad X1 Fold 5G」、ソフトバンクから発売

GPD WIN3国内発売。スライド機構備えた小型ゲーミングPC

Steam OSはArch Linuxベース。その理由は?