中国製排除する米「クリーンネットワーク」、日本の携帯4社がリストアップ すまほん!!

 米国政府は、「中国共産党などの悪意のある攻撃者から市民のプライバシーと企業の機密情報を守るトランプ政権の包括的アプローチ」として「Clean Network」を発表しました。

 その一環として、信頼できないベンダー、中国製機器を用いずに5Gネットワークを構築しているクリーンな携帯キャリアを米国務省が公表。国務省は日本では外務省に相当。リストにはNTT docomoとKDDIが並んでいました。

 一方で、SoftBankや楽天モバイルは当初、これに含まれていませんでした。

(以前のClean Network)

 SoftBankは本日、報道発表にて、米国国務省の5Gクリーンネットワークイニシアチブを支持し、安全で信頼できるネットワークベンダーを活用した5Gクリーンネットワークの構築を進めると表明しました。

 米国務省サイトを確認すると、あわせて楽天モバイルも追加されていることが確認できます。

(SoftBank、楽天モバイルが追加)

 これで国内携帯キャリア4社は、5Gインフラ基地局整備において、HuaweiやZTEといった中国製機器を採用しないことが改めて確認された形となります。

こんな記事も読まれています

ソフトバンク、3ブランド間の移行手数料一切ナシ!

SoftBank Air、5G対応でOPPO製に。「月月割」適用可

携帯各社、災害伝言板提供。福島県沖震度6強

ソニー、超小型見守りLTE GPS端末発表。

楽天モバイル、「Rakuten Link」不具合で総務省から行政指導。