「iPhone 12 mini」対抗の「小型スマホ」、Androidからは出てこない?中国情報 すまほん!!

 Appleは、小型スマートフォン「iPhone 12 mini」を発表。来月に発売します。

 Appleがやれば、他社もやるのが業界の恒例行事。では、これに対抗するモデルは出てこないのか?

 中国Weiboにて、リーカー数碼間聊駅氏は、そのような小型端末を出す中国メーカーは聞いたことがないと述べました。

 その理由のひとつがコスト。

Sponsored Link

 iPhone 12 miniは、小さな筐体に収めるため、ディスプレイ、部品、バッテリーに至るまで、Appleがカスタマイズする必要があり、結果としてコストが上昇、特に5.4インチの有機ELディスプレイは、最も高価な部品であるといいます。

 既製部品を組み合わせて一般的なサイズのスマートフォンを出すほうが、安上がりのため、利益率が下がる小型機を出しにくいという事情があるわけです。

 数碼間聊駅氏はHuawei、Xiaomi、Honor、Redmi、OPPO、vivo、Meizuなどの関係者筋に情報源を持っており、一定の信頼性が見込めます。

 Redmiの盧偉冰プロダクトディレクターは、小型モデルの検討を示唆する一方で、小型化にあたって犠牲にするものが出てくるとも。少なくとも中国メーカーから出てくることには、あまり期待しないほうが良さそうです。

 iPhone 12 miniは、幅64.2mmのスマートフォン。ちょうどXperia CompactやAQUOS Compactのサイズに近いですね。iPhoneにシェアを奪われないよう、国内メーカーから出てくることに期待したいところです。