空間オーディオ・防水対応!次期左右独立イヤホン「Galaxy Buds Pro」の詳細がリークされる すまほん!!

 空間オーディオ対応で防水だと……!?

 未発表の完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」の詳細情報が、海外リーカー「WalkingCat」氏によりリークされました。同氏はOculus Quest 2やXbox Series Sなどをリークした実績があります。

 同氏がリークした画像によると、Galaxy Buds Proはカナル型で、それぞれに11mmのウーファー(低音用スピーカー)と6.5mmのツィーター(高音用)のスピーカー二台、マイクを3つを搭載しているとのこと。

 また、ノイズキャンセリングや外音取り込み、会話モードなどの外音コントロール機能に加え、音声を立体的に再生できる空間オーディオ、Samsung製のアシスタントである「Bixby」が搭載されているようです。AppleのAirPods対抗といった印象。

 さらに、1mまでの水に浸かっても壊れないという防水規格IPX7も取得しているとのことです。外音コントロールなどさまざまな機能を搭載しておきながら、このレベルの防水に対応しているイヤホンはかなり珍しいですね。

 バッテリーの持ちは、本体のみで最大8時間。電池と充電機能を内蔵したケースも考慮すると、合計28時間であるそうです。

 また、WalkingCat氏のリークの12時間後に、独WinFutureが違った視点からのレンダリング画像や機能をリークしました。記事記名はリークの的中精度が非常に高いRoland Quandt氏。両者の共通のリーク内容は価格を除くほとんどが同一でありますが、同氏はWalkingCat氏がリークしていない、色展開についての情報をリークしています。

 それにによると、Galaxy Buds Proは紫、黒、銀の3色が用意され、Galaxy S21シリーズの本体色と一致しているとのこと。

 さて、気になる価格は、WalkingCat氏が199ドル(日本円で約2万500円)、Roland Quandt氏が230ユーロ(同約2万9000円)とかなりの差があります。付加価値税込とはいえ結構差を感じてしまいます。

 Galaxy Buds Proの発表時期は、Galaxy S21シリーズとともに2021年1月14日とのこと。

 これが噂通りに発表されれば、SamsungのGalaxy Budsシリーズのラインナップは以下のようになるでしょう。

  Galaxy Buds Live Galaxy Buds Pro
スピーカー 12mm単体 11mmウーファー+6.5mmツィーター
バッテリー 8時間
ケース使用で29時間
8時間
ケース使用で28時間
防水 IPX2(防滴仕様) IPX7(一時的な潜水に対する防水性能)