iOS14.5、マスク着用時にiPhoneのロック解除が可能に。必要なのはApple Watch装着 すまほん!!

 Appleは、開発者向けにiOS14.5およびiPadOS14.5ベータをリリースしました。

 MacRumorsは、iOS14.5では、iPhoneのロック画面でマスク着用時にFace ID顔認証を行う時、AppleWatchがペアになっていれば、解錠できるというオプションの存在を明らかにしました。

 ベータ版のiOS14.5とwatchOS7.4の組み合わせにおいて、iPhoneの設定の「Face ID & Passcode」からUnlock with Apple Watchを有効化することで利用できるとのこと。決済には利用できず、あくまでロック解除用。

 マスク利用時に支障のあるFace IDにより、屋外で前時代的なパスコード入力を強いられる現在のiPhoneは、コロナ禍の新生活様式にそぐわないスマートフォンとなっています。過去のAndroid OSには、特定のBluetooth端末とペアリング中はロックを解除できる「Smart Lock」機能がありましたが、あれをAppleが妥協案として持ってきた印象。

 iPhoneを使う人はApple Watchを、その予定のない人は指紋認証センサー搭載のAndroidスマホを購入すべきでしょう。Androidなら、セキュアではないもののインカメラによる顔認証も選択できる機種が多数あり、指紋認証センサー搭載の機種もまた多数あります。筆者は今回の情報に期待して取り急ぎ最新のApple Watchを購入予定です。