Suica対応ウェアラブルに新たな選択肢「Fitbit Charge 4」 すまほん!!

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は1月28日、Fitbit Incのウェアラブル端末「Fitbit Charge 4」で3月上旬以降、交通系電子マネーSuicaが利用できると告知しました。年会費は無料。

 告知通り、「Fitbit Charge 4」Suica対応モデルの予約受付が開始されました。Amazon.co.jpでの発売日は3月4日。

 AndroidスマホかiPhoneとペアリングし、Fitbitアプリを操作することで、Suica発行やGoogle Payチャージなどが利用可能。機種変更による残高引継ぎなどは不可能。

 wena3やGarmin、Apple Watchなどに続くSuica対応となります。廉価帯や海外メーカー製のAndroidスマートフォンは、しばしばFeliCa非搭載の場合があり、選択肢にすらできないという経験のある弊誌読者も多いのではないでしょうか。しかし、こうしたSuica対応ウェアラブル端末を持っておけば、スマホの選択肢が広がります。

 既存モデルでSuicaが利用できるようになるわけではないため、対応可否を確認した上で購入する必要があります。