BlackBerry風「物理キーボード機」がUnihertzから登場!? 4月7日に全貌公開へ すまほん!!

 新型の物理QWERTY機が発表だぁあぁぁぁあ!!!

 直近では世界最小FeliCa搭載端末である「Jelly 2」をリリースし、数々のクラウドファンディングを成功させているUnihertzから最新作の速報です!!しかもリーク元は公式のツイッターアカウントから!公式ツイッターで「新製品は間もなく来ます。2021.4.7」という短いコメントと、チラ見せ画像が!これは期待が膨らみます!!

 一昨年、昨年とここ最近は、Unihertzの「Titan」を始め、Planet Computersの「Cosmo Communicator」など、物理QWERTY機の当たり年で、物理QWERTYキーボードFanatiker(狂信者)の中の人は狂喜乱舞していました。

 しかし、ふと振り返ると気がつくことが一つ。それは、それらが皆、重量級のスマートフォンであり、結局サブ機になってしまっているということです……。

 写真は、過去使っていたスマートフォンたち(写真後ろ5機種)と、現在のメイン機の「KEY2」、サブ機の「Cosmo Communicator」。写真や動画鑑賞がし辛いなどあるものの、生産性重視でスマートフォンを選んでいる中の人としては、手のひらにすっぽり収まる後ろ5機種がベストサイズと今でも感じています。

物理キーボード機サイズ比較

 すでに防水タフネスロングバッテリーと重くなる要素満載のTitanをリリースしているUnihertzが次機種としてリリースするということは、違った特徴を持った機種のはず!

 そして、ユーザーの声を大切にしてくれるUnihertzは、Titanがリリースされたときのユーザーの反応である「嬉しいけど流石にもっと軽い機種が欲しいな」という声が大きかったことをも捉えてくれているはず。

 防水タフネスな「Titan」は303gレビュー)、パソコンライクな「Cosmo Communicator」に至っては326gです。当たり年!と喜んで全機種購入してきた中の人ですが、不動のメイン機として毎日手元にあるBlackBerry KEY2は168g。スマートフォンは毎日持ち歩くもの。中の人は、出来るだけ軽量コンパクトな縦型の物理QWERTY機が好きなのです。

 コンパクト物理QWERTY機が好き方は、4月7日のUnihertzからの発表を楽しみに待ちましょう!