iPhoneに「Apple自社製5Gモデム」採用?識者予測 すまほん!!

 Appleは、2023年発売のiPhoneにAppleが独自に開発した5Gモデムを搭載すると、TF International SecuritiesのアナリストであるMing Chi Kuo氏が予想しています。同氏はサプライチェーン筋に持つ多数の情報源からの情報を総合し、Appleの未発表製品に関して正確な予測を的中させてきた実績を持ちます。

 Apple独自モデムの開発は、Appleが2019年にintelのスマートフォン向けモデム事業を買収して以降度々話題になっていました。

 現行のiPhoneにはQualcomm製のモデムが搭載。これはAppleの独自モデムが搭載されるまで採用し続けられると見られます。搭載モデムの変更によりQualcommは新たな顧客をAndroid市場で探さざるを得なくなります。

 今年の3月には、バークレイズのアナリストも同様に2023年発売のiPhoneからApple独自規格の5Gモデムを採用すると予測していましたので、Kuo氏の見解と一致します。

 なお、Apple製モデムを搭載することにより、通信速度の改善が期待されます。さらに、Qualcommへのライセンス料を支払う必要がなくなるので費用の面でも恩恵があります。

 ただ、Qualcomm製のモデム搭載するにあたり、AppleとQualcommは2019年にライセンス契約を結んでいます。期限は2024年までの6年間。このライセンス契約がApple製モデムの搭載にどのような影響があるのか不透明ですが、今後の続報が待たれます。

こんな記事も読まれています

AppleシリコンMac、来年11月までに全ラインナップ出揃う?識者予測

iPhoneに「重大な不具合」判明、音声物理SIM+データeSIM利用時「緊急通報不可」の事象。利用停止か他の手段確保を

Appleの発表会、11月11日に開催決定。Apple Silicon関連か

Appleが「英国撤退」を示唆。特許侵害裁判で牽制

朗報:第4世代iPad Airは側面指紋認証センサー採用!

噂:iPhone 14シリーズで「mini」廃止?