スマホチップの価格変動。むしろ「4Gが高騰」? すまほん!!

 5Gに対応したチップの価格が下落し、代わりに4Gまでのチップの価格が高騰しているとDigiTimesなどが伝えました。

 それによると、4Gチップの価格が高騰している理由は単純で、QualcommやMediaTekといったチップを開発するメーカーが軒並み5Gチップの開発に注力しているうえ、世界的に半導体の生産能力が追い付いていない現状で供給に対しての需要が非常に多いため、とのこと。

 また、いまだに多くの市場では4Gスマホの需要は高いために、現在4Gスマホやそれに関連する事業は収益性が以前より高くなっており、今年中に5Gチップの利益率を超える可能性がある、と指摘しています。

 中国のスマホ製造元の情報筋は、「5Gスマホの需要は今後2~3年を通じて安定しており、その需要は1年ごとに倍増していくと考えている」としています。今後の動きに注目したいところです。