moto G50 5G発表。MediaTek Dimensity 700搭載 すまほん!!

 Motorolaは、新しい5Gスマホ「moto G50 5G」をオーストラリア市場向けに発表しました。エントリーからアッパーミドルクラスのスマホを取り扱うmoto Gシリーズの中では中間に位置する性能となっています。

 moto G50 5GはSoCにMediaTek Dimensity 700を採用。2.2GHzのCortex-A76と2GHzのCortex-A55で構成されており、同じDimensity 700を搭載する「Realme V11」ではAnTuTuベンチマークが30万点前後となっています。メモリは4GB、ストレージは128GBとなっており、microSDカードスロットに対応しています。

 ディスプレイはHD+の6.5インチ液晶(1600×720)で、リフレッシュレート90Hzに対応。カメラは4800万画素メイン+500万画素マクロ+200万画素深度測定となっており、やや珍しい逆Lの字に配置されています。インカメラは1300万画素。

 バッテリーは5000mAh、15Wの急速充電に対応。その他、本体側面に指紋認証を備え顔認証やNFCに対応します。

 なお、日本でも取り扱われている「moto G50」とSoC以外のスペックは酷似しています。さらに現行のmoto G50も5Gに対応しているため、非常に紛らわしい命名がなされています。近年のモトローラはMotorola Edgeの後継機種とされるMotorola Edge 20シリーズとそのあとに発表されたMotorola Edge (2021)など、ユーザーを困惑させる名称が多い印象です。以下、スペック表。

OS Android 11
SoC MediaTek Dimensity 700
メモリ 4GB
容量 128GB
画面 6.5型HD+液晶(1600×720)
カメラ 4800万画素+200万画素深度測定+500万画素マクロ
インカメラ 1300万画素
電池 5000mAh,15W
寸法 167 x 76.4 x 9.26 mm,206g
5G 1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13 / 17/18/19/20/26/28/38/40/41/42/43/66
3G 1/2/4/5/8/19
その他 NFC、デュアルSIM(microSD排他)