噂:Apple製のMRヘッドセット、2022年前半にも登場か すまほん!!

 Appleは自社初となるMRヘッドセットを2022年の前半に発売すると、BloombergのMark Gurman氏が伝えています。

 同氏によると、MRヘッドセットにはハイエンドチップが搭載され値段も高価になるとのこと。今年の初めにはApple製MRヘッドセットは3000ドルするとの噂もありましたが今回の内容とも一致します。

 ハイエンドチップと言えば、つい先日発売された新型MacBook Proに搭載されたM1 Pro/Maxチップの性能はユーザーの期待を上回るものでしたが、現状macOSはゲームプラットフォームとしてはではないため、新たに搭載されたハイエンドチップをゲーム方面には活かし切れていません。

 一方で、AppleはMRヘッドセットにハイエンドチップを搭載することにより、高品質な仮想現実ゲーム体験の実現を目指しているとGurman氏は伝えています。また、今回Appleが発売を計画しているのはMRヘッドセットなので、仮想現実だけでなく拡張現実空間でもゲームがプレイすることが出来るとのこと。MRヘッドセットにはどのような性能のチップが搭載されるか今から期待が高まります。

 さらに、Gurman氏は数年後にはApple製ARヘッドセットも登場すると伝えています。AppleのCEO、ティム・クック氏は以前、拡張現実の未来を重視しているとのコメントを残していますので、MRヘッドセットはあくまで通過点に過ぎず真打ちとしてARヘッドセットが登場する可能性もあります。

 現状、AR/VR/MRはOculus Quest2の登場により多少盛り上がったとはいえ、一般の人にとって身近な存在とは言えません。ここでAppleが参入することにより新たな局面に突入することは間違いないでしょう。