ソニー、新型EV「VISION-S 02」を発表。市場展開を検討する新会社も設立 すまほん!!

 ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)は、家電見本市CES 2022で、新型EV(電気自動車)「VISION-S 02」を発表しました。2020年にお披露目された「VISION-S 01」とは異なる、SUVタイプの車両です。

 「VISION-S 02」は、「VISION-S 01」と共通の共通のEV/クラウドプラットフォームを採用。最大7人乗りで、定格出力は200kW x2 (フロント / リア)、最高速度は180km/h以上です。価値観が多様化する社会での、様々なライフスタイルへの対応を推進する車両とのこと。

 プレスリリースでは「VISION-S」シリーズ全体の取り組みも紹介。ソニーは、重視する領域を3つ設定。「Entertainment」面としては、映像配信サービス「BRAVIA CORE for VISION-S」を搭載するほか、自宅のPlayStationとリモート接続してゲームを遊べる機能も実装するそうです。これ、子どもは大喜びしそうなシステムですね。

 「VISION-S」シリーズは通信に、5G通信を含めたモバイル通信を使います。車両設定やキー施錠などを同期するクラウドシステムもあり、アップデートも定期的に配信する構想。実現すればテスラっぽい感じになるんでしょうか。

 なお、ソニーは「VISION-S 02」の発表と同時に、「ソニーモビリティ株式会社」の設立(2022年春予定)を発表しました。同社では、EVの市場投入を本格的に検討するそうです。