Twitter、ロシアの情報戦に対抗。警告表記や広告停止措置 すまほん!!

 Twitter社は、ウクライナとロシアでの広告一時停止を発表しました。

 これに加えてTwitterはロシア国営媒体の投稿に「知って下さい(Stay informed)」のオレンジ色のラベルを表示。ロシア政府による情報であることを警告しています。

 GoogleのYouTubeやMetaのFacebookもロシア国営メディアへの広告停止や、ウクライナからのロシアメディアへのアクセス制限などの措置を発表しています。

 ロシアはウクライナ侵攻に際し、インターネットをも戦場とする超限戦(ハイブリッド戦争)を展開。ロシアによる欺瞞情報流布、大衆扇動、宣伝戦といったプロパガンダに対して米国IT巨人は対応を迫られています。

 このほか、ロシアは架空の反ウクライナ政府の人物を作り上げてプロパガンダを実施しており、Twitterはこれに関する12以上のアカウントを削除しているとNBCが報じています。