HONOR Magic4 Liteがリークされる。 すまほん!!

 先日、Honorは中国にて最高峰のカメラスペックを持つフラッグシップスマホ「Honor Magic4 Ultimate」を発表、Honor Magic4シリーズに加えました。

 一方で、かなり控えめスペックな「Honor Magic4 Lite」が登場するかもしれないようです。Appualsが伝えました。

 Honor Magic4シリーズはいずれもSnapdragon 8 Gen1や独立したディスプレイチップを搭載するほか、LOG形式での撮影や妥協のないカメラ構成などが特徴のハイエンドスマホシリーズ。Honor Magic4 UltimateはDxOMarkでHUAWEI P50 Proを抑えて1位になるなど、カメラに重きを置いています。

(Honor Magic4 Ultimate)

  Honor Magic4 Honor Magic4 Pro Honor Magic4 Ultimate
カメラ 5000万広角+
5000万超広角+
800万5倍望遠+
フリッカーセンサー
5000万広角+
5000万超広角+
6400万3.5倍ペリスコープカメラ+
フリッカーセンサー+
dToFセンサー
5000万画素メイン(センサーサイズ1/1.2、f/1.6、OIS対応)
6400万画素超広角(1/2、f/2.2)
6400万画素ペリスコープ望遠(1/2、3.5倍光学/100倍デジタル、f/3.5、OIS)
5000万画素スペクトルカメラ(1/2.5、f/2.0)
8×8dToFセンサー
フリッカーセンサー

 伝えられたところによると、Honor Magic4 LiteはSnapdragon 695 5Gを搭載。上位のMagic4シリーズと同等の6.81インチ、リフレッシュレート120Hzディスプレイながら、有機ELだった画面は液晶へ、解像度はフルHD+(2388×1080)へとやや粗くなっています。

 カメラは4800万画素メイン+200万画素マクロ+200万画素深度と、低価格帯スマホとしてはありきたりな性能。

 というのも、今回伝えられたHonor Magic4 LiteはMagic4シリーズを名乗ってはいるものの、外観やスペックのほとんどが中国で取り扱われているHonor X30と同一。上位モデルの美麗で性能の高いカメラ性能は継承されないと考えてもよさそうです。非常に存在感のあるカメラ、という点ではこのHonor X30/Magic4 Liteも、Honor Magic4に負けず劣らずではありますが。

(Honor Magic4)

 また、Honor X30と異なる点として充電速度が66Wから40Wに低下、NFCがサポートされた程度。価格は300ユーロ、日本円にして4万円を切るとのこと。Magic4シリーズはいずれも10万円を超えるモデルのみだったため、わざわざMagic4ブランドを冠してこの製品を投入する必要があるのか疑わしいところ。