複数の強い太陽表面爆発が発生。電子機器への障害は現時点で心配なし すまほん!!

画像出典: NASA

 SWPC(アメリカ宇宙天気予報センター)はEDT29日、28日付近に発生した複数の太陽表面爆発による地球上での障害(太陽嵐)への注意を呼びかけました。

 早くて30日午後には地球へCME(Coronal mass ejection: コロナ質量放出)が到達し、その影響について3月31日と4月1日に要注意としています(いずれもEDT)。

 ただし、そうは言ったものの現時点で電子機器への障害の大きな心配はないそうです。一方で、状況によっては北極や南極に近い地域ではオーロラが見られるかもしれないとも伝えています。

 今回の木曜に問題視している太陽嵐に関わる太陽フレアですが、Xクラスに次いで2番目に強力なMクラスに分類されています。しかしSWPCによれば太陽嵐そのもののランクはG3(最低がG1、最高がG5)であり、また「一般的には電子機器への影響は小さい」とされています。

 ということでどれほど綺麗なオーロラが現れるか安心して期待してみたいところですが、日本では見られないのが残念なところです。

こんな記事も読まれています

サムスン製アプリから広告が削除されることが決定。ユーザーや従業員の声を重視

「Galaxy Watch 4」「Galaxy Buds 2」の価格がリークされる

Intel第12世代Core iシリーズ発表。モバイル向け充実

楽天モバイルが障害。約4時間30分で復旧