Apple、6月6日にWWDC2022開催を正式予告。新型MacやiOS 16発表か。 すまほん!!

 Appleは、毎年恒例の発表イベント「WWDC」の日程を正式発表しました。

 今年の「WWDC 2022」は、2022年6月6日から6月10日まで、全てオンライン形式で開催するとのこと。過去2年間のバーチャルイベントの成功に基づいて踏襲するといいます。

 WWDC2022では、各OSの最新のイノベーションを紹介するとともに、開発者向けの情報を公開するとしています。

 例年通り、ソフトウェア関連に注目した発表を行うとみられ、iOS/iPadOS 16、watchOS 9、macOS 13、tvOS 16の発表が含まれる可能性があります。同時に、これらの新OSの開発者向けベータ版も配信が開始されることも考えられます。

 また、Bloombergのマーク・ガーマン記者は、Appleが同社独自チップ(Apple Silicon)を搭載した、新しいMacを5月か6月に発表する可能性があるともしており、新型Macの登場にも期待が高まります。

 開発の遅延が度々噂されている、Appleの開発するARグラスに関しては、これまでの報道を鑑みる限り発表されないものと見られます。ただ、iOS 16にARヘッドセット関連の機能が追加される可能性もあり、今後の新ウェアラブルデバイスの手がかりにもなり得そうです。