弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

米クアルコム、「Snapdragon XR2」搭載ARメガネのリファレンスデザインを発表。

 米Qualcommは、同社が開発するVR・AR端末向けのSoC「Snapdragon XR2」を搭載したARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」のリファレンスデザインを発表しました。

 今回発表されたリファレンスデザインは、Qualcommと中国Goertekによって設計されたもの。同社として2代目のものとなり、先代と比較して多くの点で性能や機能が改善・追加されています。

 一番大きな変更点としては、ARメガネが完全ワイヤレスで利用可能になった点。先代モデルは、USB Type-Cケーブルを使用してスマートフォンやPCと接続するものでしたが、今回のモデルにおいては、Wi-Fi 6/6EとBluetoothを利用するテザー接続に変更されています。これにより、ユーザーは煩わしいケーブルなしにARメガネを利用できるほか、近距離で端末を持ち運ぶことなく移動することが可能になります。

 ワイヤレス通信における遅延は、接続先端末にQualcommのFastConecct 6900モデムが搭載されている場合、3ミリ秒にまで短縮されるとのこと。Snapdragon XR2が採用されていることにより、従来よりさらに処理能力も向上しており、使用する条件によっては遅延も全く気にならない程度になります。

 ただし、このリファレンスデザインで本体に搭載されているバッテリーの詳しい容量などは不明であるものの、本体のサイズなども考えると、USB Type-Cによる給電がなくなった場合、バッテリー持ちは期待できません。

 ディスプレイには解像度1920×1080、リフレッシュレート最大90Hz駆動のマイクロOLEDディスプレイを採用するほか、視野角は先代の45度より若干狭い40度。視野角を抑えることにより、本体の薄型化、さらには本体の重量も115gと軽量化も実現しています。

 このリファレンスデザインは、今後Qualcommの製造パートナー数社が利用可能できるようになるとのこと。同社は、製造パートナーを「少なくとも4社」としていますが、社名や実際に製品として世に出るまでに要する時間などについて言及しませんでした。ただ、Nreal LightやLenovoのThinkReally A3などにおいても、リファレンスデザインが設計に利用されていたことをかんがみると、数ヶ月から数年で実際に製品が登場する見込みです。

情報元Qualcomm
経由The Verge

こんな記事も読まれています

米クアルコム、「Snapdragon 8+ Gen 1」「Snapdragon 7 Gen1」を正式発表。

2022-05-22 18:05:13riku

QualcommSnapdragonSnapdragon 7 Gen 1Snapdragon 8 Gen 1

米Qualcommは、2022年5月20日に、同社最新のフラッグシップ端末向けSoC「Snapdragon 8+ Gen 1」と、ミドルレンジモデル向けの「Snapdragon 7 Gen 1」を正式発表しました。Snapdragon 8+ Gen 1「Snapdragon 8+ Gen 1」は、先代のSnapdragon 8 Gen 1よりも約10%高速になったKyro CPUとAdreno G...

マジかよ。「Snapdragon 8+ Gen 1」、発熱問題「未解決」の可能性

2022-05-27 17:01:38riku

QualcommSamsungSnapdragonSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 8+ Gen 1

米Qualcommが発表した、最新のフラッグシップ端末向けSoC「Snapdragon 8+ Gen 1」に関して、Android Authorityがリファレンスデザイン端末の性能を検証し、その結果を公開しました。Android Authorityによると、同誌は、Qualcommが5月に開催した5Gサミットにて、実際に「Snapdragon 8+ Gen 1」が搭載された端末を体験したとのこと...

スマートグラス「Nreal Air」3月4日国内発売

2022-02-14 10:14:53會原

NrealNreal Airスマートグラス

スマートグラス「Nreal Air」を、NTTドコモとKDDIが2022年3月4日に発売すると発表しました。両社ともに2022年2月14日から予約受付を開始します。動画視聴に最適化された79gの軽量小型筐体が特徴。対応するAndroidスマートフォンを接続すると、目の前に巨大の仮想スクリーンを広げて動画やウェブブラウザの閲覧が可能。Display Port出力非対応のスマホ、タブレット、PCの画面...

「携帯ゲーム機」用のスナドラ。Snapdragon G3x Gen 1発表

2021-12-12 11:20:25ryoppi913

QualcommSnapdragonSnapdragon G3x Gen 1

Qualcommは、Androidを搭載した携帯ゲーム機用のSoC「Snapdragon G3x Gen 1」を発表しました。Snapdragon G3x Gen 1は従前のSnapdragonと同様にCPUの「Kryo」やGPUの「Adreno」などを搭載、4K/144Hzでのゲームも可能であるとしています。そのほかの数値から見るスペックはCPUのクロックが最大3GHzという点以外はいまだに明ら...

AR」についての他の記事

スコットランド警察にXR導入の動き。お巡りさん向けのARデバイスを構想中か

2023-09-19 23:44:44芋ノ文

XRイギリススコットランド警察

イギリスのスコットランド警察が、警官が装備するためのARデバイスの導入を模索していることが明らかになりました。デバイスは、警官の日常業務をサポートすることを想定しており、顔認識や言語翻訳機能などを実装する計画であるそうです。地域の犯罪や、銃器の有無といった情報を表示する機能も検討中です。9月12日(火)現在、スコットランド警察の計画は検討段階。具体的な情報(導入機種や台数など)は不明なのですが、海...

レノボが開発中と噂の携帯ゲーム機「Legion Go」。ARグラス付属の可能性

2023-08-26 21:35:58芋ノ文

PCゲームレノボ

2023年8月上旬、携帯ゲーム機「Legion Go」を開発中との噂が出たレノボ。今回、同製品にARヘッドセットが付属する可能性が浮上しました。海外メディアのWindows Reportなどが報じています。「Legion Go」は、PC向けゲームをプレイ可能なゲーム機。「Steam Deck」や「Rog Ally」といったデバイスのレノボ版、という感じですね。この領域の発展がスゴいので、参入を決め...

XREAL Airとの接続を無線化する「XREAL Beam」。Amazonと家電量販店でも販売開始

2023-08-21 20:49:57會原

Nreal AirXrealXREAL AirXREAL Beam取材記事

XREAL(旧Nreal)は、XREAL BeamをAmazonや家電量販店ヨドバシカメラ・ビックカメラでも発売すると発表しました。これまでは公式サイトでの販売でしたが、ここにきて販路を拡大する形。価格は税込み1万6980円。XREAL Beamは、XREAL Airを無線接続化するリモコン端末です。スマホ(対応機種一覧を参照)、PC、ゲーム機などから無線でXREAL Beamに飛ばし、XREAL...

渋谷の大空でエアレース! ARを使った新競技「AIR RACE X」10月開催

2023-08-08 16:05:49芋ノ文

STYLYXRメタバース渋谷

10月15日(日)渋谷のド真ん中で、AR(拡張現実)を活用したエアレース「AIR RACE X - SHIBUYA DIGITAL ROUND」が開催されることが発表されました。エアレースといえば、飛行機を用いて飛行技術や性能、スピードを競い合うモータースポーツで、別名「空のF1」。「AIR RACE X」は、ここにARの“スパイス”を加えます。参加選手たち(全8人)は、まず世界各国の拠点に設置し...

ARグラス「XREAL Air」映像機能をパワーアップ。新デバイス「XREAL Beam」発売

2023-08-04 20:05:06芋ノ文

XrealXREAL AirXREAL Beamスマートグラス

Xreal社(旧Nreal)は、ARグラス「XREAL Air」向けの新型リモコンデバイス「XREALBeam」の販売を開始しました。価格は1万6980円(税込)です。「XREAL Beam」は、他のデバイスからのビデオ入力を「XREAL Air」上のSpatial Display(空間ディスプレイ)に出力するデバイス。バッテリーの連続使用時間は、約3.5時間。USB-Cポートを2つ搭載し、充電と...

あの捕食者が襲来! ナショジオら、サメARコンテンツ「Sharkfest」をリリース

2023-08-02 16:05:19芋ノ文

XRサメスマートフォン

動物ドキュメンタリーなどで知られる教養チャンネル、ナショナル・ジオグラフィックと米通信大手ベライゾンは、サメをテーマにしたARコンテンツ「Sharkfest」をリリースしました。対応デバイスはiOSとAndroid。コンテンツにはQRコードからアクセス可能で、起動すると“バーチャルサメ”とケージがAR出現し、泳ぐサメやダイバーを眺めたり、2D映像を見たりできます。「Bull Shark Vs. H...

「ナウシカ」の王蟲、AR化。ジブリ展でまさかのコンテンツ登場……!

2023-07-25 16:05:40芋ノ文

QRコードSATCH XXRジブリ展

KDDIは、7月現在、東京(寺田倉庫B&Cホール/Eホール)で開催中の「金曜ロードショーとジブリ展」に、同社が手掛けたARコンテンツを提供したことを発表しました。名作映画「風の谷のナウシカ」と「借りぐらしのアリエッティ」のARコンテンツを、会場で体験できます。会場各所にはQRコードが埋め込まれており、これらをXRアプリ「SATCH X」でスキャンすることで、ARコンテンツを表示する仕組みで...

すまほん!!を購読しませんか?

Twitterでも最新更新を配信・通知しています

𝕏 フォローする 再度表示しない