レノボ、AR眼鏡「ThinkReality A3」国内投入。個人向けも用意 すまほん!!

 レノボは、ARスマートグラスの「ThinkReality A3」を日本国内にて発表しました。法人向けで複数のソフトウェアなどが同梱される「ThinkReality A3 Industrial Edition」と、個人でも利用できる「ThinkReality A3 PC Edition」が用意されます。

 ThinkReality A3はQualcomm製のARやVRデバイス用チップであるSnapdragon XR1を搭載。解像度は片眼で1080p、1°当たりの解像度であるPPDは45、リフレッシュレートは60Hzです。

 トラッキング用に魚眼レンズを2基、1080p・30fpsで録画も可能な800万画素カメラを搭載しています。

 本体は130gと軽量でIP54に準拠し、折りたたみも可能な設計で、持ち運びや屋外での利用にも便利とアピール。

 個人でも購入可能で安価な選択肢となるPC Editionでは、無料の専用ソフトをインストールした高性能なPCと接続して最大5つのバーチャルモニターを表示可能。限られたスペースでも広い画面領域で作業が可能であるとしています。

 5画面表示が可能なのはRTX 3000シリーズかQuadro T1000以上を搭載したデバイスと、かなり高いグラフィック性能を持つPCが必要ですが、3画面までであればRyzen 7(Pro)以上や第10世代 Core i5シリーズ以上の内蔵グラフィックで動作するようです。動作の保証は持てませんが、小さいながら高い性能を持つUMPCと組み合わせて使えば、かなりユニークな作業環境が構築できるかもしれませんね。

 一方でThinkReality A3 Industrial Editionは、生産現場での作業支援やアシストを目的としたモデル。スマートグラス本体のほかに、複数デバイスを一括でアップデートや保守が行えるThinkReality Cloud Portalや、アプリ開発を必要とせずARを業務で活用できるholo one sphereといったソフトウェア、有料オンラインサポートが利用可能。

 またアタッチメントパーツのIndustrial Kit、Industrial Frame、加えてSnapdragon 8 Gen1を搭載するハイエンドスマホの「Motorola edge 30 PRO」が付属します。もちろん「A3 PC Edition」の目玉であるPCとの接続にも対応。

 4月13日より販売開始、価格はPC Editionが税込19万2500円、Industrial Editionが先述の同梱品や1年間のハードウェア保守込みで54万4500円。

ThinkPadなどLenovo製品をネットで購入する
Lenovo製品トップページ 割引クーポンあり