楽天モバイル、リアルとバーチャルを融合したモータースポーツの実証実験に成功 すまほん!!

 楽天モバイルは2022年10月23日、株式会社インタープロトモータースポーツが開催した「2022 Inter Proto Series POWERED BY KeePer 第2大会」において、4G/5G(ミリ波)を活用し、リアルとバーチャルを融合したモータースポーツの実証実験に成功したと発表しました。

 静岡県の「富士スピードウェイ」会場と、「楽天モバイル 恵比寿店」(東京都)の2地点で同時に実施。

 会場を走行する試験車センサー、GPS、カメラ等からデータをリアルタイムで伝送。ゲーム画面上で、試験車とバーチャルカーによるeレースの実施を確認したとのこと。

 この合成表示を会場でも実現。楽天モバイルが開発した専用アプリケーションを搭載したスマホやスマートグラスにて観客席から見ることが可能に。走行位置、走行速度、エンジン回転数などのデータやレーシングドライバーの視点映像もAR表示できたといいます。

 今後さらなる5G整備により、こうしたAR活用の先進的な観戦体験を提供できる、今後も楽天モバイルは「楽天モバイルパートナープログラム」で共創する様々な企業や団体と協力して新しい体験の提供を目指すとしています。