レノボが開発中と噂の携帯ゲーム機「Legion Go」。ARグラス付属の可能性 すまほん!!

 2023年8月上旬、携帯ゲーム機「Legion Go」を開発中との噂が出たレノボ。今回、同製品にARヘッドセットが付属する可能性が浮上しました。海外メディアのWindows Reportなどが報じています。

 「Legion Go」は、PC向けゲームをプレイ可能なゲーム機。「Steam Deck」や「Rog Ally」といったデバイスのレノボ版、という感じですね。この領域の発展がスゴいので、参入を決めたんでしょう。

 現時点では詳細は不明ですが、ディスプレイは8インチで「Ryzen」チップを搭載とのこと。OSはWindows 11らしいです。

 付属ARデバイスの情報も、今の段階では情報がほぼ無いのですが(本当に開発中なら)激しいゲームプレイに対応する、高リフレッシュレートモデルの可能性が高いですね。

 あまり話題にならないですが、レノボは以前からXRデバイスを開発する企業のひとつ。2022年にはウェアラブルディスプレイ「Lenovo Glasses T1」を発表しました。

 いきなり全く異なるモデルが登場というのも考えにくいので、もしかすると新ARデバイスは、「Lenovo Glasses T1」の発展版……なのかもしれません。

 先述した通り、PCゲーム対応のゲーム機は何種類か先例がありますが、ARでプレイ可能というのは結構なセールスポイントになると思われます。レノボからの正式発表、楽しみですね。

こんな記事も読まれています

Lenovo Legion Y700 2023発表!5万円台の8型ゲーミングタブレット

LenovoLenovo Legion Y700 2023

中国LenovoはAndroidタブレット「Legion Y700 2023」を発表しました。2022年発表の「Legion Y700」の後継という位置づけです。Legion Y700 2023は8.8型ディスプレイを搭載した製品。解像度は2560x1600ピクセル、リフレッシュレートは144Hzで、動きの激しい映像も滑らかに表示可能となっています。SoCにはQualcommの「Snapdrago...

Lenovo、スナドラ8+Gen1搭載のオシャレなゲーミングスマホ「Legion Y70」発表

LEGIONLegion Y70Lenovo

LenovoのゲーミングブランドであるLegionは、シンプルでオシャレな外観ながら高い性能を持つゲーミングスマホ「Legion Y70」を中国にて発表しました。スペック的には今年3月に発表された「Legion Y90」の下位に位置しますが、そこまで価格は変わりません。Legion Y70はSnapdragon 8+ Gen1を搭載。本体の厚みは7.99mmとゲーミングスマホとしては薄めながら、1...

Lenovo Glasses T1発表。MicroOLED採用

LenovoLenovo Glasses T1ThinkReality A3

9月1日にLenovoは、眼鏡型のウェアラブルディスプレイである「Lenovo Glasses T1」を発表しました。今年後半に中国で先行販売され、来年に一部の市場で販売されるようです。Lenovo Glasses T1は、USB Type-C端子を利用して映像入力を行えるメガネ型デバイス。接続する機器はDP Alt Modeに対応する必要がありますが、オプションのアダプターでHDMIおよびLig...

レノボ「Legion Y90」発表。空冷、スナドラ8Gen1

LEGION 2 ProLegion Phone duel 2Legion Y90Lenovo

Lenovoは、中国にて空冷システムを搭載したハイエンドゲーミングスマホの「Legion Y90」を発表しました。以前と命名規則が変わっていますが、事実上「Legion Phone Duel 2/ Legion Phone 2 Pro」の後継モデルです。SoCはSnapdragon 8 Gen 1を採用。Snapdragon 888と比較してCPU性能が20%、GPU性能が30%、GPUのエネルギ...

小型ハイスペAndroidタブレット、ついに。Legion Y700発表!

Legion Y700Lenovo

Lenovoは、小さめのディスプレイを搭載するゲーミングタブレット「Legion Y700」を中国国内にて発表しました。Legion Y700は外寸サイズが207×128mmほどでiPad miniに近いサイズの小型タブレット。近年のハイスペックAndroidタブレットとしては小さい部類に入りますが、iPad miniと比較すると重量は80gほど重い375gで厚みは7.9mmで1.6mmほど厚くな...

𝕏もフォローしてね

AR」についての他の記事

メタ社、テンセントと提携しQuestなどを中国展開か。新型デバイス登場の可能性も?

Meta QuestVRテンセント中国

10月に新型VRデバイスMeta Quest 3を発売したメタ社ですが、次は中国で大きな動きに出るようです。海外メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、メタ社と中国のテック大手テンセントと予備契約を結んだと報道。テンセントは、中国本土でメタ社のVRデバイスなどの販売を担当するとのこと。現時点では詳細は不明ですが、流れ的にMeta Quest 2やMeta Quest 3、Meta ...

サムスン新型「VR/ARデバイス」の続報。初期の出荷台数は3万台に絞られる?

Apple Vision ProSamsung韓国

サムスンが開発中と噂のVR/ARヘッドセットですが、どうやら2024年末にローンチする可能性が高いようです。韓国メディアの中央日報などが報じていました。同デバイスのコードネームは「Infinite」。現時点の詳細は不明ですが、「Apple Vision Pro」の対抗馬として開発が進行中。海外メディアVRTuoloの報道(現在は削除済)によると、「中価格帯」の製品になるとのこと。結構気合の入ったデ...

サムスン/グーグル/クアルコム連合の「XR端末」、いよいよ出撃へ。2024年末に生産開始か?

GoogleQualcommSamsung

韓国メディア「中央日報」は11月8日、サムスン、Google、Qualcommの3社によるXR分野での連携が2024年末より本格的に動き出すと報じました。同紙は業界関係者の話として、サムスン電子のMX事業部がXRデバイス(プロジェクト名「無限」)の生産を2024年12月から開始することを決めたと報道。初回生産数は3万台で、同紙はサムスンの初代「Galaxy Fold」(初回生産数2〜3万台)を引き...

HTC VIVE XR Elite、アプデ着々。メニュー項目にタッチできるシステムも実装

HTCVIVE XR EliteVR

HTCの一体型VRヘッドセットVIVE XR Elite。リリース前の大きな期待と比べると、やや注目度も落ちた同デバイスですが、着実に「進化」を継続しているようです。同社は10月、VIVE XR Elite向けの大型アップデート(6.0と6.5)を配信。「タッチ・コントロール」をベータ機能として実装しました。「タッチ・コントロール」は、ホーム画面などのメニュー表示を、直接操作できる仕組み。タッチだ...

Virtual Desktopが「VRChat」用の顔トラッキングに対応。自分の表情がアバターに反映!

Meta Quest ProVRVRChat

Meta Questシリーズ向けのワイヤレスPC接続アプリ「Virtual Desktop」に大規模アップデートが導入。アプリ「VRCFaceTracking」との統合を実施しました。同アプリに対応したことで、Meta Quest Proのアイトラッキングやフェイストラッキング機能を「VRChat」で使用できます。「Virtual Desktop」は、PCとQuestを接続してデスクトップ側を操作...

Meta Questを装着せずにXRアプリを開発できる。公式プラットフォーム「Meta XR Simulator」に注目

Meta QuestMRVR

メタ社のVR/MRアプリの開発を容易にするプラットフォーム「Meta XR Simulator」に注目です。通常、XR系のコンテンツを制作する場合、PCを使ってアプリなどを作った後、VRヘッドセット(Meta Questなど)を装着して、実際の出来栄えを確認する必要があります。何度もヘッドセットを被ったり外したりするのは、かなりの手間。「Meta XR Simulator」は、そういった「作業」を...

KDDI、仮想空間でハロウィーンを開催

KDDIメタバース

KDDIは2023年10月27日から10月31日の期間中、「バーチャルハロウィーン2023」を開催すると発表しました。4年目となる本イベントでは都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」「バーチャル大阪」にて、引き続き音楽ライブやゲームなどのエンタメコンテンツが楽しめるとのこと。さらに2023年はKDDIのメタバースαU metaverseでも初開催し、アーティストや配信者と交流できるイベントを実施す...