ARROWS Z「アップデートできないバグが発覚したので、アップデートで修正します」

 発熱問題、そしてGPS問題を抱えるARROWS Z。もはやネタメーカー、ネタ端末の地位を獲得しつつある富士通 ARROWS Zに続報です。

 今度はなんとケータイアップデートに失敗する現象を、改善するためのケータイアップデートを実施しています。


ケータイアップデートのお知らせ | ケータイアップデート | au

重要なお知らせ

ソフトウェアに一部不具合が確認されたため、「ケータイアップデート」は一時停止させていただいております。

〈事象〉
「ケータイアップデート」が途中でエラー(ケータイアップデートに失敗しました)となり、更新が失敗する場合があります。
「ARROWS Z ISW11F」をご利用のお客さまには、ご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

 このように、昨日のアップデートで、アップデートできないバグが発覚、アップデートが中止されました。

 そして本日、ARROWS Zへのアップデートが再開されました。

ケータイアップデートにて以下の事象が改善されます。
・ケータイアップデートがエラーとなる場合があります。
・GPSの計測が出来なくなる場合があります。

 何気なくGPS問題を改善する努力が見られるのは好感ですが、明らかにマズすぎる項目があるので褒めたくても褒められません。「努力できないから努力する」みたいな、全く信用ならないフレーズです。

 これが普通のメーカーならまだしも、富士通です。富士通東芝のIS04ではケータイアップデートでEメールアドレス帳のアドレスがすべて消えてしまうという不具合を発生させた前科があります。

 さて、今回のケータイアップデートのバグは画面消灯時に発生しやすいとのこと。アップデータのダウンロード中に画面が消えないよう、予め設定からバックライトの持続時間を30分にしておき、アップデート中に電源ボタンを押したりしないようにすればアップデート失敗を避けることができるようです。

 今やSHARPがガラパゴスを捨ててAndroid4.0のグロスマを発売し、既存機種のメジャーバージョンアップも積極的に行うことを表明している一方、経営陣がガラパゴス機能で勝負すると宣言する富士通。これから富士通が一体どんなスマートフォンをリリースしていくのか、海外メーカーやSHARPよりもある意味、楽しみで仕方がありません。


Transcend microSDHCカード 32GB Class4 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4E


SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX500SL ブラック MDR-EX500SL/B

この記事にコメントする

comments powered by Disqus