日本メーカーの出荷台数激減!国内スマホシェアの6割が海外メーカーに!

 ガラパゴス化した日本メーカーの敗北か?

 拡大する日本のスマートフォン市場。ここ数年増加し、2011年は約3750万台の市場規模となっています。しかし、一方で国産スマートフォンの悲惨な現実も見えてきます。

 電子情報技術産業協会(JEITA)などが14日発表した2011年の日本の携帯電話・PHS端末メーカーの国内出荷台数は、10年比11.1%減だった。海外メーカー分も織り込んだ出荷台数予想(IDCジャパン)は4%増。国内勢は米アップルや韓国のサムスン電子に押され、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)特需に乗り遅れた。

 MM総研によると海外勢の日本市場のスマホシェアは6割弱となる見通しだ。

 国内勢も10月以降は、スマホの品ぞろえを増やして反撃に出ている。シャープ、富士通などの国内各社は防水、「おサイフケータイ」、ワンセグ、赤外線通信といった日本独自の機能を付加することで海外勢との差異化を図っており、「徹底的に日本仕様を追求する」(富士通の大谷信雄執行役員常務)構えだ。

via 日経

 海外メーカーの猛追に対し、富士通は更なるガラパゴス機能の追求を宣言していますが、一方でSHARPはガラパゴス機能を捨てた104SHを投入し、従来のAQUOS Phoneに最新のAndroid4.0へのアップデートを行なっていくことを発表しています。

 NTTドコモを始めとして各社は、今後発売するほとんどの機種をスマートフォンに切り替えます。常に最新で個性溢れる機種をリリースするSHARP、不具合の多い富士通、どのように明暗を分けるのか楽しみです。


OverLay Magic for AQUOS PHONE SH-01D/102SH 傷修復・耐指紋タイプ液晶保護シート OMSH01D