Qualcomm、Snapdragon S4シリーズに4種の分類を追加

 エントリー向けのS4 Playも!

 統合チップセット大手のQualcommが同社製チップセット”Snapdragon S4″シリーズをを4種類に分類する事を発表しました。

 Snapdragon S4シリーズはスマートテレビなどのマルチメディアデバイス向けの”Snapdragon S4 Prime”、タブレット/ノートブック向けの”Snapdragon S4 Pro”、タブレット/スマートフォン向けの”Snapdragon S4 Plus”、そしてローエンド向けの”Snapdragon S4 Play”がラインナップされます。

 詳細なスペックと分類は以下のとおりです。

  • Snapdragon S4 Prime
     MPQ8064
      Qualcomm 28nm Krait 4コア(クアッド) 1.5GHz CPU
      Qualcomm Adreno 320 GPU
  • Snapdragon S4 Pro
     - 4コア(クアッドコア)版
      APQ8064
       Qualcomm 28nm Krait 4コア(クアッド) 1.5~1.7GHz CPU
       Qualcomm Adreno 320 GPU
  • Snapdragon S4 Pro
     - 2コア(デュアルコア)版
      MSM8960T (MSM8960 Pro)
       Qualcomm 28nm Krait 2コア(デュアル) 1.5~1.7GHz CPU
       Qualcomm Adreno 320 GPU
  • Snapdragon S4 Plus
     – 1.5~1.7GHz版
     APQ8060A/MSM8960/MSM8660A/MSM8260A
      Qualcomm 28nm Krait 2コア(デュアル) 1.5~1.7Ghz CPU
      Qualcomm Adreno 225 GPU
     – 1.2GHz版
     APQ8030/MSM8930/MSM8630/MSM8230
      Qualcomm 28nm Krait 2コア(デュアル) 1.2GHz CPU
      Qualcomm Adreno 305 GPU
     – 1GHz版
     MSM8627/MSM8227
      Qualcomm 28nm Krait 2コア(デュアル) 1GHz CPU
      Qualcomm Adreno 305 GPU
  • Snapdragon S4 Play
     MSM8625/MSM8225
      ARM 45nm Cortex-A5 2コア(デュアル) 1GHz CPU
      Qualcomm Adreno 203 GPU

 S4 Playは従来のQualcomm独自設計CPUコアではなく、ARM Cortex-A5を採用するようですね。Cortex-A5プロセッサは最小、最低消費電力を謳うプロセッサで、コストが安いことからローエンドスマートフォンに向いている、とされています。

 従来、MSM8930はシングルコアKraitを搭載する、とされていたはずですが、最新のデータを見る限りだとデュアルコアとなっています。仕様が変更されたのかな?

 NVIDIAのCortex-A9 4+1コアプロセッサであるTegra3、サムスンのCortex-A9 4コアプロセッサであるExynos Quad等様々な次世代プロセッサが登場してきましたね。ARMデバイスに対応したWindows RTも出てくるため、今後が更に楽しみになりそうです。

source : Qualcomm(PDF注意)