日本でもApple VS SAMSUNG 争点は転送ソフトウェア 東京地裁の中間判決は本日

 諸外国ではAppleに対して圧倒的に有利な判決が出ている中、本日、東京地裁でもAppleとSAMSUNGの法廷での戦いに一つの判決が下されます。

 日本で争点となっているのは、スマートフォンに情報を同期するソフトウェアでAppleはSAMSUNGの提供するSAMSUNG KiesがiTunesの「簡単なメニュー操作で、パソコンとスマートフォンにあるコンテンツが同期される機能」のソフトウェア技術を侵害していると主張をしています。

 東京地裁は本日、訴訟内容についての中間判決を出す見通しで、判決内容によっては、SAMSUNGの日本での展開にも暗雲が立ち込めるかもしれません。