一般ユーザー軽視  またもや日本通信、突然の解除料新設へ

 日本通信は、同社の「スマホ電話SIM」に対して、解除料金を設定することを発表しました。

 2ヶ月以内に解約・MNPを行うと解除料金5250円をユーザーに請求するというもの。

 しかしこの15時の適用と発表の間隔が設けられておらず、ユーザーに認知させる間もなく解除料適用を開始しています。

 こうした日本通信の暴挙は、何も今に始まったことではありません。

 日本通信は以前にもb-mobile talking SIMに解除料設定を行い、その発表が3月22日であったにも関わらず、3月20日の16時以降の申し込みについても遡及して解除料の対象としています。

 こうした一連の改悪は、「他社のMNPに対する過度なキャッシュバックへの対抗」と日本通信は銘打っています。

 そもそもMNP優遇によって疲弊するのは、他社とその代理店に過ぎません。普通の、大多数のユーザーには大して関係の無いこと。不毛な争いです。

 そんなものは放置して、端末とSIMカードを別々に販売する、海外では普通のスタイルを、日本通信は粛々と貫いてくれるだけで、存在意義をユーザーに見いだして貰えると思うのですが、いかがでしょうか。

Source:日本通信

関連:「解除料金」設定で同じ穴の狢に堕ちた、日本通信の愚挙。