iOS版「Google Map」は年末リリースだが、Appleが認証で拒否する可能性

 ティム・クック自ら謝罪するにまで至った「地図問題」ですが、代替となる「Google Map」のアプリ版については期待しない方がいいのかも。

 the guardianは、iOS版「Google Map」は年末のリリースに向けて準備されているものの、App Storeの認証を通過できるかどうかは不明とのこと。むしろ認証される可能性は低いと想定しつつも開発中であるようです。 

 そういえば、「Google Map」のAPIを使って非純正の地図アプリが出てきましたが、マーケットから即座に削除されてしまったことがあります。

 GoogleのCEOも言うとおり、全てはAppleのさじ加減次第ということでしょうね。

情報元:the guardian 経由:リンゲルブルーメン