触ってきたよ!! INFOBAR A02 簡易タッチレビュー

 先日発表された、INFOBARの新作A02がau NAGOYAに展示されていると聞き、さっそく触ってきました。

新しくなった iida UI

 INFOBARと言えば、独自のホーム・ランチャー画面が特徴で、A02に搭載されているのは、INFOBAR A01に搭載されたiida UIをさらに進化させたiida UI2.0です。

 「ようかん」をイメージして作られたという画面はぷるぷると指に吸い付くように動き、個人的には「ようかん」よりも「みずようかん」をイメージしました。指の軌跡に合わせてプルプル・プヨプヨと動いてくれるのはとても気持ちが良いです。ただ、iida UI Virtual Touchより、少しもっさりと動いているように感じられたのが、残念でした。

依然として残るHTCらしさ

 INFOBARシリーズは三洋電機、シャープ、今回担当したHTCという順番で製造するメーカーが遷移しています。

 HTCはHTC Senseと呼ばれる、自社のアンドロイド向けUI(画面設計)を持っており、それはiidaの方針とは似て非なるものです。

 HTCがINFOBARを作るにあたり、どれだけ自社の率いるSenseをなくし、iidaらしさを作り込んでくるのか、少し期待をしていたのですが、アイコンなどの変更はあったものの、アニメーションはほぼそのまま持ち越される形になっていました。

HTCSense特有のアニメーション

HTCSense特有のアニメーション

 

クレードルでの充電に対応。防水の欠点は克服

 INFOBAR A02 は防水となっており、イヤホン端子はキャップレス防水を実現、USB端子にはUSBキャップがついています。キャップ式の防水では、充電をするたびにキャップに負荷がかかります。

 A02ではその点にも配慮がなされており、外部に充電端子があるため、USBキャップに負荷をかけずに充電ができそうです。個人的には、クレードルを標準でつけて欲しいなあと思っています。

 

 発表された当日だっただけに、ホットモックには人だかりができていたため、今回はこのあたりでの退散となりました。詳しくはまた後ほど。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus