「グーグルグラス」の詳細スペックが公開!さらにスマホと連携するための専用アプリも配信開始

 以前報じた個人向け仮予約で購入権を獲得した、一部のユーザーの手に試作機の届き始めた”Google Glass”ですが、Googleによりそのスペックが公開されています。

 映像の解像度は720×1280ピクセル相当。眼前の2.43メートル前方に情報が投影されるようです。

 カメラは500万画素で、HD動画撮影にも対応。ストレージ容量は16GB。バッテリーは1日程度はもつとのこと。ただし動画撮影などを行えば、当然電池消費は早まるそうです。

 通信モジュールはWi-FiとBluetoothに対応しており、一方で単体でのモバイルネットワークには非対応。既報通り、スマートフォンのテザリングに通信をぶら下げるのが前提でしょう。

 また、スマートフォンとの連携アプリ「MyGlass」も早速公開。対応するAndroid OSのバージョンは4.0.3となっています。これまでにもスマートフォン側に連携アプリをインストールするウェアラブルデバイスとしては、SONYのMN2やCASIOのG-SHOCKなどがありました。

 いよいよ”Googe Glass”が現実味を帯びてきましたね。早ければ今年中にも市場投入が報じられています。

情報元:Google 経由:SlashGear

この記事にコメントする

comments powered by Disqus