iPhoneの電源がつかなくなった!? そんなときにすべきこと

 私たちの生活において重要な要素となりつつあるスマートフォン。メールや電話といったケータイとしての基本的なことから、スケジュール管理、SNS、地図、ゲームなどなど……スマートフォンに依存しきった生活を送られている方もいるのではないでしょうか。その中でもiPhoneを利用されている方は多いかと思います。

 そのiPhone、もし急に電源が落ちてつかなくなってしまったらどうしますか? インターネットを使えば対処法は簡単に見つかるでしょう。しかし、そのときインターネットにアクセスできる機械がその動かないiPhoneだけだったとしたら?

 そんなときに備えて対処法を覚えておきましょう!!

まずやること

 電池残量も充分にあるにもかかわらず電源が急に落ちた場合、おそらく多くの人がまず最初に試すことが本体上部のスリープ/スリープ解除ボタンを長押しすることでしょう。まず、これを何度か繰り返してください。

それでもダメなら

 スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを白いAppleロゴが出るまで長押ししてください。これはリセットという操作で、この操作を行なうことでこの場合はおそらく解決できるかと思います。リセットといっても、インストールしたアプリや撮った写真、データが全て消えてしまうということはないのでご安心ください。

 Apple Store Genius Barの方曰く、リセットで直るのであればハードウェア的に異常はないとのことです。

 この場合以外でも、iPhoneが不調なときはこの操作を行なうと回復することがあるそうです(Assistive Touchのホームボタンではこれはできないようですので、画面下の物理ホームボタンで操作するようにしてください)。

 ここまでのふたつはその場ですぐに試せることなので是非覚えていてください。

それでもそれでもダメなら

 サポートに電話をする、もしくはApple Store Genius Bar(※要予約)に足を運んでみてください。電話でも適切な指示を仰ぐことができますし、Genius Barでは本体の異常が認められればその場で交換などの対応をしていただけます。

 私自身、何度か電話やGenius Barでのサポートを受けましたが、その全てが質の高いものでありました。iPhoneの操作でわからなかったことから、iPhone本体の不具合による交換対応までお世話になりました。こういったサポートがしっかり受けられると、やはり安心感も他とは断然違うというものです。

 もちろん、ユーザー側もサポートにお世話になる前に、ある程度のことは自分で調べるといった最低限の努力はするようにしましょう。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus