ドコモのスマホ販売台数、初めて販売目標を下回る。 敗因はやはり「iPhone」か すまほん!!

 

 NTTドコモは、2012年度のスマートフォン販売台数が、目標台数の1400万台に届かなかったことを明らかにしました。

 1400万台の目標台数に比べ、実際の販売台数は1330万台で、70万台足りなかったものとみられます。

 2010年度の販売台数は252万台、2011年度は882万台で、これまでは順調に目標を達成してきましたが、今回のように目標に届かなかったのは初めてのことです。さらにスマートフォン以外の携帯電話も含む、全体の販売目標の2380万台にも届かなかった模様です。

 こうした目標未達の主な原因は、やはりiPhoneであると考えられます。12年度のスマートフォンの国内出荷台数2848万台のうち、iPhoneのシェアは33%を占めています。

 NTTドコモは、2013年度のスマートフォンの販売目標を1600万台に設定する模様です。別の報道では、NTTドコモは次期iPhoneを400万台~500万台売っていくとも報じられています。2013年度は販売目標を達成することが出来るのでしょうか。挽回策としてiPhoneの導入はあるのでしょうか。今後に注目です。

情報元:SankeiBiz

こんな記事も読まれています

アハモ機種公表。「Xperia 1II」「Galaxy S20」「iPhone 11」販売、対応は「計93機種」

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」

売れない「iPhone 12 mini」減産へ

5G対応の「iPhone SE Plus」が登場する?

iPhone 12 Pro Maxケース Caseology Legionレビュー

プロ写真家が徹底検証。スマホカメラ頂上決戦「HUAWEI P40 Pro」対「iPhone 12 Pro Max」