とっても「通知バー」が使いやすくなりました。「HTC J One HTL22」にAndroid 4.2.2アップデートが配信開始。

2013-09-10 21.10.23

 KDDIから販売されている「HTC J One HTL22」にAndroid 4.2.2の配信が開始されました。

 変更点としては、ビデオハイライトのテーマが増えたり、カメラ起動中に画面をロングタッチすると被写体をAE/AFロックできたり、ワンセグの音声をスピーカー出力できたりといった機能追加の他に、Wi-Fi 802.11acへの対応など、細かな改善が主な内容。一覧はKDDI公式ページより。

 そんな中、最も嬉しい改善点が通知バーのトグル。

 従来、通知バーにはWi-Fi、BT、画面輝度などといったよく使う機能のON/OFFを行うトグルスイッチが存在せず、しかも「省電力モード」という全く使わない項目がスペースを専有するなど、とにかくHTCの通知バーは使いづらかった印象です。

Capture_2013_09_11_00_40_44_62

 しかし今回のアップデートで、あの忌まわしい「省電力モード」が表示されないように。

2013-09-10 21.22.52

 そして右上のボタンを押すと、「クイック設定パネル」という名称でトグルスイッチが追加されました。

2013-09-10-21.22

 また、このトグルスイッチ群は、画面上部のステータスバーを2本指で下方向にフリックすることでも呼び出すことが出来ます。

 今までMoreQuicklyPanelやSwitch Pro Widgetといったアプリを入れることが必須でしたが、標準でも使いやすいと感じています。

 さらに、ホームキーの長押し時に、メニューキーの挙動を割り当てることができるようになりました。非常に変則的なボタン配置を持つこの機種には、あって然るべき機能ですね。

 他のAndroid端末と比べて使いづらいと思っていた点が大きく改善された、とてもありがたいアップデートだと感じます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus