「Lumia 1020」の機種名は長すぎる!――バルマーCEO、命名規則変更を約束。

MicroNOKIA

 MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏は、Nokiaのスマートフォン「Lumia 1020」の名称について、変更することを約束しました。

 理由は単純で、「Lumia 1020」を発音した時、名称が長すぎるため。同氏はコンシューマー市場で受け入れられるためには、より短く適切な命名規則が必要との見方を示しました。

 Microsoftは、2014年をめどにNokiaの端末およびサービス事業を約7000億円で買収します。しかしまだ両社は独立しているため、そうした名称変更を実現できていないとしており、Nokia買収が完了した場合、Lumiaシリーズのネーミングはよりシンプルなものになることが予想されます。

 確かにLumiaの名称はややこしい気がするものの、いつ頃の機種なのか、ハイエンドかローエンドか、数字を見ればなんとなくわかるので、短くしすぎると逆に不便なような気もします。iPadやNexusのように、発売した年が違っても名称は同じ、という形になるのかもしれませんね。

情報元:AllThingsD

この記事にコメントする

comments powered by Disqus