ソニー、「XPERIA Z1」を正式発表。グローバルで9月発売。

Capture_2013_09_04_23_17_26_610

 SONYは、ドイツのベルリンで開催中のIFA2013にて、XPERIA Z1(コードネーム:Honami)」を正式発表しました。

 ディスプレイはFHD トリルミナス、X-Reality for Mobileエンジンにより美しい映像を楽しむことが出来ます。

Capture_2013_09_04_23_43_27_247

 カメラはExmor RS, カメラの画像処理はBIONZ for Mobileエンジン。

Capture_2013_09_05_00_09_16_800

 

 スペックは以下のとおり。

 チップセット Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz クアッドコア
GPU: Adreno 330 
 ディスプレイ 5インチ TRILUMINOSディスプレイ TFT液晶 
解像度 フルHD(1920*1080) 
 実行用メモリ(RAM) 2 GB 
 内蔵フラッシュメモリ 16GB + microSDスロットあり 
 カメラ 1/2.3インチ 2070万画素CMOS Exmor RS for Mobile
Gレンズ 広角27mm F値2.0
BIONZ for Mobileエンジン
 バッテリー 3000 mAh
 Android バージョン 4.2.2 Jelly Bean 
 サイズ 144 x 74 x 8.5mm  重量170g
カラー  ホワイト / ブラック / パープル 
その他 防水防塵 IP55/IP58 

 新機能としてはFacebookの友人に映像を共有するUstreamのような「Social live」、書籍やワインを撮影すると情報を表示する「Info Eye」、2秒で61枚の写真を撮影してベストショットを選出する「タイムシフトバースト」、写真を拡張現実で加工する「AR effect」があります。バッテリー容量は3000mAhでSTAMINAモードにも対応。

 

 別途発売されるアクセサリーはスマートフォン用三脚SPA-MK20M、スマート撮影アシスタントIPT-DS10M、そしてQX100 / QX10など。

 発売はグローバルで2013年9月より。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus