レンズスタイルカメラ「QX10」と「QX100」が正式発表

 噂のレンズスタイルカメラがついに正式発表されました。

 IFA 2013にて、以前から噂されていたソニーのレンズスタイルカメラ「QX10」と「QX100」が正式に発表されました。

 仕様はほぼ以前から噂されていた通りとなっており、それぞれの性能は以下のようになっています。

QX10

QX10_Main1-1200

  • 1 / 2.3型 18.2 メガピクセル ソニー製CMOSセンサー Exmor R & 画像処理エンジン「BIONZ」
  • ソニー製7群レンズ「Gレンズ」 光学10倍ズーム対応
  • 本体重量90g バッテリー装着時105g

QX100

QX100_Main1-1200

  • 1型 20.2メガピクセル ソニー製CMOSセンサー Exmor R & 画像処理エンジン「BIONZ」
  • Carl Zeiss製6群7枚レンズ「Vario-Sonnar T*」 光学3.6倍ズーム対応
  • 本体重量165g バッテリー装着時179g

 どちらもAndroid、iOSに対応しており、XPERIAだけでなく他社製のAndroid端末やiPhoneでも利用できます。

QX100_with_Xperia-i1_1-1200

 操作はスマートフォンのアプリケーションから行い、タッチパネル搭載カメラのようにタッチした位置にフォーカスを合わせる「タッチフォーカス」も利用可能です。

 また、スマートフォンから取り外しても利用することができ、シーンを選ばず様々な撮影スタイルが実現できるとしています。

 撮影した画像や動画は”レンズスタイルカメラ”に接続したMemoryStick M2/microSDカードに保存され、スマートフォンのアプリケーションから共有したい画像を選び簡単に受信、共有することが可能です。

QX10_White_Main1-1200

 ちなみに噂されている新型iPhoneのシャンパンゴールドにもぴったりなホワイトモデルも準備されています。

情報元 : Sony UK Pressrelease

この記事にコメントする

comments powered by Disqus