SAMSUNGのGALAXY Gearはマイクとカメラ内蔵なので、メモ端末と考えると優秀かも。

samsung-galaxy-gear-casio-gshock

 SAMSUNGの腕時計型端末「GALAXY Gear」が発売されました。

 基本的にはSONYのSmartWatchと似たようなアプローチで、スマートフォンの補助として機能します。スマートフォンの通知を表示したり、アプリの設定や追加はスマートフォンから行えるほか、アプリの追加も可能など、SONYのSmartWatchシリーズをすでにご存知の方はイメージもしやすいでしょう。

 スマートフォンに遠隔で大音量の通知音を流してスマートフォンを探す機能や、再生中の音楽の次曲送りができるなど、競合となるSONYのSmartWatchやCASIOのG-SHOCKに搭載されているトレンド機能も抑えています。

 その上で、GALAXY Gearはマイクとカメラを内蔵している点が競合機に対する優位性となっています。スマートフォンの電話帳を使って通話したり、スマートフォンへの着信を受話して腕時計で通話できるというわけです。

 この内蔵マイクは通話だけでなく、音声でWeb検索をしたり、ボイスメモを録音したりということが可能です。特にボイスメモは、その音声を即座にスマートフォンに転送、解析してテキストに起こしてくれるのが非常に優秀な点です。ボイスメモと書き起こしたテキストが同時に保存されます。

 面白い端末ではありますが、対応機種はGALAXYシリーズのみ。現時点ではGALAXY Note 3とGALAXY Jのみとなっています。

 また対応機種が限られている割には、価格も3万6540円と強気の設定。ライバルのSmartWatch 2が定価1万4800円で販売されており、Xperiaユーザーにはキャンペーンでさらに安く提供されていることを考えると、やはり少々高いように思います。

 190万画素のカメラは静止画だけでなく動画撮影も可能で、ポテンシャルを秘めた端末だと思います。もちろんメモ以上の用途にこのカメラは非力ですが。わずか73グラムの筐体にカメラを内蔵しているわけですから、メモがわりにカメラ撮影を多用している人には、うってつけでしょう。

 GALAXY Gearのカメラとボイスメモ、そして繊細な手書きメモが可能なGALAXY Note 3を組み合わせれば、理想的なデジタルメモ環境が構築できます。そう考えると、このGearを買うべきは、Note 3でメモをデジタルに移行できたユーザーと言えるのかもしれませんね。(ボイスメモとメモ用カメラを備え、手帳の置き換えを狙ったSONYのCLIE TH55は早すぎたんでしょうねぇ)

 アプリ次第では今後楽しいデバイスになるかもしれませんね。

Samsung Galaxy Gear V700 (Grey グレー) 並行輸入品
Samsung Galaxy Gear V700

  1. CASIOのスマートウォッチ「G-SHOCK GB-5600AA」を1年間近く使ってみて
  2. 本日発売:SmartWatch 2 (SW2)がオンラインで購入可能に。
  3. 「世界初、真のスマートウォッチ」 スマホと連携できるBluetooth腕時計「I’m Watch」で感じる未来。
  4. スマートウォッチの最新記事

この記事にコメントする

comments powered by Disqus