Androidのプリインアプリのアンインストールと「無効化」の方法。

 Android端末を購入した直後には、多くのプリインストールアプリが入っています。Googleのもの、メーカーのもの、通信キャリアのものがあります。中には使わないものもあるので、消したいという人もいるでしょう。

 NTT docomoのプリインストールアプリは、挙動の不安定さもあってよくやり玉に上がりますが、どの通信キャリアもプリインストールは多かれ少なかれ入っています。KDDI版のXPERIA Z1 SOL23も例外ではありません。GREEなどのゲームが入っているのはKDDIですね。(しかもアンインストールできない)

kddi-xperia-z1-sol23-app
(注:ドロワーの3枚目では、アンインストールできるアプリはありませんでした)

 いくつかはアンインストールすることはできます。しかしできないものも多くあります。そういった場合はAndroid 4.0以降の標準機能「無効化」で対処できます。

 手順は「設定」→「アプリ」→「すべて」の一覧から、アプリを選択し、「無効化」を選択するというもの。

 また、別の方法もあります。とりあえず無効化したいアプリを一通り起動しておき、履歴ボタンを押して、履歴として表示された無効化したいアプリを長押し、アプリ情報から無効化を行うというもの。

kddi-xperia-z1-sol23-app-disable

 しかし、知識なくむやみやたらに無効化することは、システムの挙動にかえって悪影響を及ぼす場合もあります。不安な人には、フォルダーでの整理をおすすめ。アンインストールできないアプリは、フォルダーで隔離してしまいましょう。アプリを長押しして、ドラッグし、アプリとアプリを重ね合わせると、フォルダーができます。

Capture_2013_11_02_17_19_20_420

 多くの機種ではこの方法でフォルダーを作成し、アプリケーションドロワー内を整理することができます。私はこれらの方法により、アプリケーションドロワーを使いやすくし、ホーム画面は純粋にウィジェットだけを置く領域として活用しています。みなさんもお試しあれ。

関連記事:サクサク無効化。キャリア製アプリを根絶する「無効化マネージャー」が便利。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus